Progressive and Advanced Library for HSP

HSPに多数の命令を追加する多機能拡張プラグイン


ソフト詳細説明

システム、文字列、入力装置、ウインドウの制御などを中心に、多数の命令を拡張する、プログラム言語「HSP」用のプラグインです。

下記のような事がHSPで実現できるようになります。

・四角形、円形、多角形等のウインドウリージョンの作成
・各種ウインドウの操作
・ウインドウ/オブジェクトに、非同期的にメッセージを送信
(sendmsg命令と違い、送信元の処理をロックする事なくメッセージを送信可能)
・各種オブジェクトの操作
・ステータスバーのコントロール
・ベジェ曲線、二重線など、各種図形の描画
・閉鎖領域の塗りつぶし
・VRAMの操作
・文字列操作
・暗号化
・各種ファイル操作
・iniファイル操作
・マウス、キーボード制御
・ジョイスティック制御
・各種システム制御
・unlha32.dll、cab32.dllなどを利用した書庫操作
・Susieプラグインの操作

現在のバージョン:1.10

◆更新情報
【1.10】
・HSP2から、HSP3にSDKを移行しました。そのため、HSP2での動作は保証いたしません。
HSP2の場合は、Ver.1.01+(作者HPを参照)をご使用ください。
・Windows10で一通りの動作確認を行いました。
・プログレスバー関連命令を廃止しました。
(HSP3向けの実装に結構手間がかかるのと、HSP3の標準機能で実装できるようになったため)
・Pal_WindowDrag、Pal_ObjDragを廃止しました。
(Windowsの仕様変更に伴い、従来の処理方法が使用できなくなったため)
・ライブラリや、サンプルスクリプトの拡張子をすべて.asから.hspに変更しました。
また、サンプルスクリプトをHSP3向けに書き直しました。

動作環境

Progressive and Advanced Library for HSPの対応動作環境
ソフト名:Progressive and Advanced Library for HSP
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP/Me/2000/NT/98/95
機種:IBM-PC PC-98 x64
種類:フリーソフト
作者: Hiroki 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

プラグイン  多数  HSP 


「HSP」カテゴリーの人気ランキング

  1. Hot Soup Processor(HSP) Windows上で手軽にソフトが作れるスクリプト言語システム(ユーザー評価:4.5)
  2. HPDT AIR、Kanonで使れている拡張子PDTという画像を表示するHot Soup Processor向けDLL(ユーザー評価:0)
  3. HMemory.dll HSPでプロセスのメモリを手軽に操作(ユーザー評価:0)
  4. HSP逆コンパイラ HSP2及びHSP3用のフリーな逆コンパイラ(ユーザー評価:3)
  5. こめんとびゅーあ コメント行解析機能を持つ簡易エディタ(ユーザー評価:0)

「HSP」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック