PictureへのJPEGファイルサポートCOMコンポーネント

PictureオブジェクトをJPEGファイルに保存する機能を提供


ソフト詳細説明

JpegPic.dllには、Visual Basicなどで使用される標準Pictureオブジェクトに対して、JPEGファイルへの保存機能を提供するCOMオブジェクト(JpegPictureオブジェクト)が含まれます。
Visual BasicのLoadPicture関数はJPEGファイルの読み込みが行えますが、SavePictureステートメントはPictureをJPEGファイルとして保存できません。
JpegPictureオブジェクトのSaveJpegメソッドがこの機能を提供します。

JpegPic.dllはフリーウェアですので、ご自由にご利用下さい。
OS標準以外の依存ファイルはありません。

動作環境

PictureへのJPEGファイルサポートCOMコンポーネントの対応動作環境
ソフト名:PictureへのJPEGファイルサポートCOMコンポーネント
動作OS:Windows Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: AZC 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

オブジェクト  JPEG  Picture 


「各種OCX ActiveX」カテゴリーの人気ランキング

  1. IPCATLコンポーネント ActiveX.exeベースの軽量なプロセス間通信コンポーネント(ユーザー評価:0)
  2. Sパラメータ変換コンポーネント Ks2Port Sパラメータ,hパラメータ,Yパラメータ,Zパラメータの相互変換を行うActiveX DLL(ユーザー評価:0)
  3. hCipher 簡単な暗号化をサポートするOCX(ユーザー評価:0)
  4. RS232C通信制御 ActiveXコントロール(VB6用) Visual Basic 6.0用 RS232C ActiveXコントロール(ユーザー評価:0)
  5. デジタル時計 OCX デジタル表示する時計OCX(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック