DllCall

WinAPIや自作DLL関数をコマンドラインから呼び出せます(プログラマ向け)


ソフト詳細説明

WinAPIや自作DLLなどの関数をコマンドラインから呼び出す、DOS入力ライクなインタープリタ(もどき?)です。(プログラマ向け)
例として、Sleep 2000 と入力すれば2秒間待機します。また、GetTickCount と入力すれば、OS起動後の経過時間(ミリ秒)が戻り値で取得できます。
DOSバッチファイルに組み込むなど、いろいろな用途が考えられます。
Ver0.70で、参照渡しの引数の対応、環境変数での値指定・記憶対応、_cdecl呼び出し関数への対応を行いました。

動作環境

DllCallの対応動作環境
ソフト名:DllCall
動作OS:Windows Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: DEKO 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

関数  コマンドライン  DLL  プログラマ  WinAPI 


「その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. TTSneo 簡単、気軽に作れるソフトが作れる日本語プログラミング言語(ユーザー評価:4.5)
  2. 日本語プログラム言語「ひまわり」 日本語で簡単、書いて楽しい、実務で役立つをコンセプトに、進化する日本語プログラム開発環境(ユーザー評価:4.5)
  3. CPad for Salford FTN77 Salford FTN77用のFortran開発環境 GUIで簡単にコンパイル・実行ができます(ユーザー評価:4.5)
  4. プロデル 実用用途に、オブジェクト指向 日本語プログラミング開発環境(ユーザー評価:0)
  5. LCW32 各種言語ステップカウンタ(ユーザー評価:0)

「その他」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック