PPA(Poor-Pascal for Application)

Delphi/C++Builder用のPascalインタプリタコンポーネントとDLLのセット


ソフト詳細説明

 PPA(Poor-Pascal for Application)はDelphi/C++Builder用のPascalインタプリタコンポーネントです。アプリケーションにマクロ機能を搭載する事を目的に作成されています。
 言語仕様としてはPascalのサブセットとなっており(ネーミングでもお分かりのようにもの凄く低機能ですが...)、Delphiを触った事のある方であればあまり違和感なく操作できる事と思います。

 PPAには最初からビルトイン手続き/関数が用意されていますが、ユーザー定義の手続き/関数を作成することもできます(詳しくはコンポーネントガイドを参照して下さい)。

 また、ver1.12よりPPA.DLLが同梱されています。これにより、DLLを呼び出せる言語系すべてにおいてPPAが利用できるようになりました。

動作環境

PPA(Poor-Pascal for Application)の対応動作環境
ソフト名:PPA(Poor-Pascal for Application)
動作OS:Windows 2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: DEKO 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

DLL  C++Builder  インタプリタ  Delphi  Pascal 


「Pascal言語」カテゴリーの人気ランキング

  1. CPad for Free Pascal Free Pascal用のPacal開発環境 GUIで簡単にコンパイル・実行ができます(ユーザー評価:0)
  2. H8PAS H8ASM H8/3052用 コンパイラ ツールキット(ユーザー評価:0)
  3. HelloPascal 統合環境つき簡易Pascal処理系(ユーザー評価:0)
  4. PPA(Poor-Pascal for Application) Delphi/C++Builder用のPascalインタプリタコンポーネントとDLLのセット(ユーザー評価:0)
  5. src2html C/C++, Delphiのソースを、HTML3.2 または HTML4.01 strict準拠のHTMLソースに変換(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック