OSエラーアナライザー

Win32関数が失敗したとき、GetLastErrorで得られるエラーコードに対応するエラー文字列を取得


ソフト詳細説明

Win32 API を使ってプログラミングをした時、関数が失敗した場合のエラーコードの取り扱いに困った経験がありませんか?
GetLastErrorを使用すればエラーコードはわかりますが、単なる番号ですのでこれだけでは原因が分かりません。このDLLは
エラーコードを文字列に変換して出力します。

簡単な使用例:

if(!::GetCurrentDirectory(MAX_PATH,szCurrentPath)){
DWORD dwError = GetLastError();
CString strErrBuffer;

if{(LoadErrorString(dwError,strErrBuffer)
AfxMessageBox(strErrBuffer);
}
}

動作環境

OSエラーアナライザーの対応動作環境
ソフト名:OSエラーアナライザー
動作OS:Windows 2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 沖 真人 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

関数  エラー  失敗  エラーコード  GetLastError 


「ツール」カテゴリーの人気ランキング

  1. 解析・構図 ソース・コードを入力する超簡単操作でフローチャートを自動作成(ユーザー評価:0)
  2. Blue Step Counter 独自コメントにも対応したステップカウンタ Visual Studioプロジェクトにも対応(ユーザー評価:4.5)
  3. コメント書うんた C,C++,ASM,Java,SQL,VBのソースファイルのコメントや行数をカウントするツール(ユーザー評価:2)
  4. Step Counter Java、シェル、Perl、C言語対応のステップカウンター(ユーザー評価:0)
  5. ozG4 プログラムアナライザ VB/C/COBOL/EXCELマクロ/HTMLスクリプトなどのステップ数カウントやモジュール解析(ユーザー評価:3.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック