TraceTool

VC++のTRACEマクロの文字列表示強化ソフト


ソフト詳細説明

 MS-DOSの頃よりprintfデバックは効果的なデバック方法として使用されてきました。WindowsにOSが変化しても、MFCにはTRACEマクロというprintfデバックが可能なマクロが装備されたのですが、複数人で開発する時などは、デバック文字列が乱れ飛び自分の埋め込んだデバック文字列を探すのに一苦労します。
 それを解消するのがトレースツールです。トレースツールのフィルタ機能により必要なデバック文字列だけを表示することが可能です。
 もちろん別関数をコールするのではなくTRACEマクロはそのまま使用できます。
 また、トレースツール本体は無駄な機能を省き(手抜き??)必要最小限の機能にとどめてありますのでサイズが小さく、デバッグする本体にもやさしい設計となっています。

利用条件・試用期間中の制限など

特になし

動作環境

TraceToolの対応動作環境
ソフト名:TraceTool
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:シェアウェア
作者: 武部 健一 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

シェアレジでのお支払い

クレジットカード
TraceTool
価格: 1,210円(手数料・税込) お支払い手続きへ進む

その他のお支払い


※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

マクロ  VC++  TRACE 


「デバッガ」カテゴリーの人気ランキング

  1. うさみみハリケーン プログラム開発/解析用の多機能な汎用プロセスメモリエディタ兼デバッガ(ユーザー評価:0)
  2. Acknowrich シリアル通信、解析&デバッグツール(ユーザー評価:4.5)
  3. Z-Vision Windows Z80/KL5C用 高性能シミュレート&リモートデバッガ(ユーザー評価:0)
  4. シリアルコマンドエクスプローラ2 コマンドを登録&簡易自動返信ができるシリアル通信用デバッグツール(ユーザー評価:0)
  5. CreateFileBlock 任意の大きさのファイルを瞬時に作成!(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック