bmp2rgn exe/dll

ビットマップからリージョンを生成する


ソフト詳細説明

bmp2rgn は Microsoft(r) Windows(r) のリージョンデータをビットマップから生成するプログラムです。ビットマップから生成するので、複雑な形状のリージョンを作成することが可能です。

MS DOS プロンプトから実行して C/C++ のソースコードを出力するコンソールアプリケーションの bmp2rgn.exe と、ビットマップハンドル(HBITMAP)を引数に受け取ってリージョンハンドル(HRGN)を返す関数を含む DLL モジュールの bmp2rgn.dll の両方を提供します。DLL モジュールは Visual Basic から呼び出すことも可能です。

このプログラムは非矩形のウィンドウを作るために作成しました。
サンプルプログラムはそのようなウィンドウを表示する例になっています。

バージョン 1.1 における修正点:

スキャンラインのバイト数が DWORD サイズの倍数にならない場合、末尾に埋め草が付加されるのを見逃していたため、ビットマップデータの横のピクセル数の3倍の値が4の倍数ではない場合に、リージョンの形状が崩れる不具合を修正

動作環境

bmp2rgn exe/dllの対応動作環境
ソフト名:bmp2rgn exe/dll
動作OS:Windows 2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: つつみきくお 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

マップ  ビット  リージョン 


「各種DLL」カテゴリーの人気ランキング

  1. VisualBasic用 MP3操作DLL VBMP3 VisualBasic から MpegAudio を操作するライブラリ(ユーザー評価:0)
  2. Visual C++用 MP3操作DLL VCMP3 VisualC++ から MpegAudio を操作するライブラリ(ユーザー評価:0)
  3. imgctl.dll BMP/JPEG/PNG/GIF画像の読み書きが可能な、VC++/VB/BC++/Delphi用DLL(ユーザー評価:4)
  4. QRモデル2演算用DLL 2次元QRコードの演算用DLL(ユーザー評価:0)
  5. データ圧縮解凍DLL ALZS データ単位での高圧縮・高速解凍ルーチンが組み込めるDLL(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
SELECTION