リソース取得DLL

システム、GDI、USERリソース、CPU使用率、ドライブ容量、メモリ情報を取得するためのDLL


ソフト詳細説明

以下の情報が簡単に取得できます

・システムリソース
・GDIリソース
・USERリソース
・CPU使用率(※1)
・ディスクドライブ総容量(※2)
・ディスクドライブ空き容量(※2)
・メモリロード残量百分率
・物理メモリ総容量
・物理メモリ空き容量
・ページングメモリ総容量
・ページングメモリ空き容量
・仮想メモリ総容量
・仮想メモリ空き容量

システムリソース、GDIリソース、USERリソースを取得するためにはシンクダウン(32ビットアプリから16ビットDLLの関数を呼び出すときに使う技法)しなくてはなりません
その手間を省き、簡単にしたのがこのDLLです
さらに、CPU使用率、ドライブ容量、メモリ情報も取得できるようになりました

ドライブ容量の取得では、FAT32の大容量メディアでもそれ以外でも容量を取得できます
Delphi5などでは標準で使える関数で容量を取得できるため、そちらを使う方が良いでしょう
Delphi3.1ではFAT32に対応していないのでこのDLLを使うと良いと思います

動作環境

リソース取得DLLの対応動作環境
ソフト名:リソース取得DLL
動作OS:Windows 98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 和也 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ドライブ  容量  DLL  GDI  CPU  USER  メモリ 


「各種DLL」カテゴリーの人気ランキング

  1. VisualBasic用 MP3操作DLL VBMP3 VisualBasic から MpegAudio を操作するライブラリ(ユーザー評価:0)
  2. Visual C++用 MP3操作DLL VCMP3 VisualC++ から MpegAudio を操作するライブラリ(ユーザー評価:0)
  3. imgctl.dll BMP/JPEG/PNG/GIF画像の読み書きが可能な、VC++/VB/BC++/Delphi用DLL(ユーザー評価:4)
  4. VBA用 USB-IOコントロールDll VB、AB、Excelで簡単に汎用USB-IOをコントロール(ユーザー評価:0)
  5. 明熊JPEG保存DLL ビットマップをJPEGへ変換(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック