Win32 エラーメッセージビューア

GetLastError Win32 API関数の戻り値、MCI系関数の戻り値から、日本語エラーメッセージを調べるツール


ソフト詳細説明

 WindowsのAPIでは、エラーが発生したときの戻り値がほとんどの場合0、あるいは非0としか定められておらず、詳細なエラーの理由を示すものではありません。詳細なエラー情報は、GetLastError Win32 API関数で得られるようになっています。しかしながら、その関数の戻り値は、あくまでも数値でしかありません。このツールは、その数値をもとに日本語訳のエラーメッセージを表示します。

動作環境

Win32 エラーメッセージビューアの対応動作環境
ソフト名:Win32 エラーメッセージビューア
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: M.Maekawa 

この作品については、作者がコメント・評価を希望しておりません。

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

関数  エラーメッセージ  MCI  戻り  GetLastError  API 


「デバッガ」カテゴリーの人気ランキング

  1. うさみみハリケーン プログラム開発/解析用の多機能な汎用プロセスメモリエディタ兼デバッガ(ユーザー評価:0)
  2. シリアルコマンドエクスプローラ2 コマンドを登録&簡易自動返信ができるシリアル通信用デバッグツール(ユーザー評価:0)
  3. Acknowrich シリアル通信、解析&デバッグツール(ユーザー評価:4.5)
  4. Z-Vision Windows Z80/KL5C用 高性能シミュレート&リモートデバッガ(ユーザー評価:0)
  5. RS-232Cプロトコルシミュレータ FAKE RS-232Cを使用したハード、ソフトのデバッグを強力にサポート(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック