VisualBasic用 WAV → WMA 変換DLL

VisualBasicからWAVEファイルをWindowsMediaAudioファイルに変換


ソフト詳細説明

これはVisualBasicでWAVEファイルをWindowsMediaAudioファイルに変換するためのライブラリです。

変換関数にファイル名、ビットレート等の情報を送るだけで簡単に WindowsMediaAudio ファイルを作成することが出来ます。

エンコードはバックグランドで行われるので、同時に別の処理を行うことが可能です

使用方法は、サンプルソースを参照してください。

動作環境

VisualBasic用 WAV → WMA 変換DLLの対応動作環境
ソフト名:VisualBasic用 WAV → WMA 変換DLL
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: ミケ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  WAVE  VisualBasic  WindowsMediaAudio 


「VisualBasic」カテゴリーの人気ランキング

  1. VB Analyzer6.0 VB6.0で作成されたソフトのプロジェクト解析をするツール(ユーザー評価:0)
  2. EPTREE for vb VBソース解析ツール(関数ツリー、ステップ数、スタック計測など)(ユーザー評価:0)
  3. MTool 大きなソースでも可能なVBソース解析、ドキュメント情報作成(ユーザー評価:0)
  4. VB6仕様書作成サポート VB6のソースコードから、仕様書を自動作成(ユーザー評価:0)
  5. WPEditor WSH上で VBScript を 勉強するのに特化したエディター(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック