VisualBasic用 WAV → WMA 変換DLL

VisualBasicからWAVEファイルをWindowsMediaAudioファイルに変換


ソフト詳細説明

これはVisualBasicでWAVEファイルをWindowsMediaAudioファイルに変換するためのライブラリです。

変換関数にファイル名、ビットレート等の情報を送るだけで簡単に WindowsMediaAudio ファイルを作成することが出来ます。

エンコードはバックグランドで行われるので、同時に別の処理を行うことが可能です

使用方法は、サンプルソースを参照してください。

動作環境

VisualBasic用 WAV → WMA 変換DLLの対応動作環境
ソフト名:VisualBasic用 WAV → WMA 変換DLL
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: ミケ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  WAVE  VisualBasic  WindowsMediaAudio 


「VisualBasic」カテゴリーの人気ランキング

  1. INIファイル操作 for Visual Basic APIを使ったことのない方でも簡単にINIファイルを扱えます(ユーザー評価:0)
  2. VB Analyzer6.0 VB6.0で作成されたソフトのプロジェクト解析をするツール(ユーザー評価:0)
  3. EVbaDAss Excel VBAプロシジャー仕様書作成支援ツール(ユーザー評価:0)
  4. MTool 大きなソースでも可能なVBソース解析、ドキュメント情報作成(ユーザー評価:0)
  5. VB6メールスロットでプロセス間通信サンプルソース メールスロットを使用してプロセス間通信を実現するためのサンプルソース(ユーザー評価:2.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック