LD Cv!

ラダー図をZ80アセンブリ言語・C言語に変換,シミュレーション実行


ソフト詳細説明

LD Cv!は、シーケンス制御を記述するためのプログラミング言語であるラダー図の開発ツールです。LD Cv!で作成したプログラムはROM化して、マイクロコンピュータ上で実行させることを想定しています。

このソフトは、プログラマが作成したラダー図と等価なアセンブリ言語またはC言語プログラムを生成しますが、制御ロジック以外の部分のプログラム(電源投入時の初期設定やI/Oとメモリ間のデータ転送など)は生成しません。これらのプログラムは、アセンブリ言語またはC言語で別に作成する必要があります。

また、このソフトのシミュレーション機能を使うと、パソコン上でラダー図の動作確認ができるため、ラダー図の学習ソフトとしても使えます。

今回公開したVersion1.4は、機能制限していないため、最大512行のラダー図を編集することができます。(Version1.3までは、編集できるラダー図行数が20行に制限されていて、この制限を解除するには有償のユーザ登録が必要でした。)

機能の詳細については、同梱されているヘルプファイルをご覧ください。

動作環境

LD Cv!の対応動作環境
ソフト名:LD Cv!
動作OS:Windows 98/95
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 櫻井 保輔 

ユーザーの評価(1人):3.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!


「Z80用」カテゴリーの人気ランキング

  1. Z80CPU Assembler & Simulator Z80CPUのアセンブラとシミュレーター(ユーザー評価:3.5)
  2. hoja Win95版 Z80逆アセンブラ ラベル出力、文字列判別、ファイル出力可(ユーザー評価:3.5)
  3. Z80→H8/300コンバータ Z80からH8/300へのアセンブラソースコンバータ(ソース付)(ユーザー評価:0)
  4. LD Cv! ラダー図をZ80アセンブリ言語・C言語に変換,シミュレーション実行(ユーザー評価:3.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック