LibraryLinkViewer

実行形式のファイルを解析しリンクしているライブラリをツリー表示する


ソフト詳細説明

 LibraryLinkViewerはPEタイプの実行形式ファイルを解析し、
 リンク(参照)されているライブラリをツリー形式で表示するアプリケーションです。
 リンクが切れていた場合、一目で切れていることが分かるので「DLLが見つかりません」などのエラーの原因や、アプリケーションの動作不良の原因を発見するのに役立ちます。
 その他にもImportTable / ExportTable / ResourceTableを表示する事も出来ます。
 また、ImportTable / ExportTableの表示機能は、Windows標準のクイックビューアでは表示できない関数も表示できます。
 その他特徴を下記にまとめてみました。

特徴

> リンク状況をツリー形式で表示するため分かりやすい
> 最高で5層まで表示可能
> ファイルを開くだけのシンプル操作
> エクスプローラライクな画面で使いやすい
> インポート/エクスポート/リソーステーブルを表示できる
> リソースビューアとしても使用できる
> コマンドラインでのファイルオープンも可能
> ドラッグ&ドロップでのファイルオープンも可能
> 複数起動することが出来る
> \700とお手頃価格

利用条件・試用期間中の制限など

試用期間などはありませんが、試用中は起動時に送金を促すメッセージが表示され、表示レベルが3で固定され、インポート/エクスポートテーブルの関数が50関数以上表示できません。

動作環境

LibraryLinkViewerの対応動作環境
ソフト名:LibraryLinkViewer
動作OS:Windows NT/95
機種:汎用
種類:シェアウェア
作者: 加藤 勇也 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

シェアレジでのお支払い

クレジットカード
LibraryLinkViewer
価格: 880円(手数料・税込) お支払い手続きへ進む

その他のお支払い


※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ライブラリ  解析 


「ツール」カテゴリーの人気ランキング

  1. 解析・構図 ソース・コードを入力する超簡単操作でフローチャートを自動作成(ユーザー評価:0)
  2. Blue Step Counter 独自コメントにも対応したステップカウンタ Visual Studioプロジェクトにも対応(ユーザー評価:4.5)
  3. Step Counter Java、シェル、Perl、C言語対応のステップカウンター(ユーザー評価:0)
  4. コメント書うんた C,C++,ASM,Java,SQL,VBのソースファイルのコメントや行数をカウントするツール(ユーザー評価:2)
  5. ozG4 プログラムアナライザ VB/C/COBOL/EXCELマクロ/HTMLスクリプトなどのステップ数カウントやモジュール解析(ユーザー評価:3.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック