VTR録画時間計算プログラム

標準モードで何分録画し、長時間モードで何分録画すると、テープの長さぴったりにおさまるかを計算


ソフト詳細説明

ビデオに番組を録画する場合、長時間モードで録画するよりも標準モードで録画したほうが高画質、高音質で録画できます。しかし、たとえば、130分の番組を録画するのに180分のテープを用意するのもちょっともったいない。あるいは番組の長さが標準モードの最長テープの録画時間を越える…という場合には、なるべく標準モードで録画して、標準モードでは録画しきれない不足分を長時間モードで録画するといいでしょう。

このような場合に、標準モードで何分録画し、長時間モードで何分録画すると、テープの長さぴったりにおさまるかを計算するのがこのプログラムです。

インストーラは、プログラムのHDへの登録、スタートメニューへの登録、コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」への登録を行います。

動作環境

VTR録画時間計算プログラムの対応動作環境
ソフト名:VTR録画時間計算プログラム
動作OS:Windows 98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 岡崎 俊彦 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

録画  長時間  テープ  何分 


「AV機器関連」カテゴリーの人気ランキング

  1. VirtualRD for Windows 東芝製RDシリーズのネットdeダビングでPCへのダビングやストリーミング再生を可能に(ユーザー評価:3.5)
  2. クロッサム用ツールFDイメージ ハル研のクロッサム用ツールをWindowsのエミュレータで利用可能にします(ユーザー評価:0)
  3. AVT赤丸 Free AV機器の制御ができるHDDレコーダー(ユーザー評価:0)
  4. AVTクロッサムFree AV機器の制御ができるHDDレコーダー(ユーザー評価:0)
  5. EzVideo 録画予約ソフト カノープスのEZDVを使いDVビデオデッキからPCのハードディスクに予約録画する(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック