イザイアノトケイ‐what a brutish witches‐

つまりだ―― この事件は非常につまらない


ソフト詳細説明

―櫻花警察学校―
この学校には『魔女』が存在する。
中世の魔女狩り以降、魔女が人前に現れることはなくなった。
しかし、この学校にはその『魔女』が住み着いているのだ。
魔女は校舎の一室を住処(すみか)にして生きながらえている。
魔女に魅入られたが最期、何の罪もない生徒をたぶらかしては彼女の部屋へと誘い込み、全身が枯渇するまで血と精を吸い尽くされてしまう。
そして、身体中の肉と皮を削ぎ落とされた挙句に大壺へと放り込まれ、しまいには骨の欠片も残さぬまでに喰われてしまうのだ。
そのような奇妙な噂がこの『櫻花警察学校』でまことしやかに流れているのである。
美しい魔女に精を吸い尽くされるといわれれば、男性諸君は悪い気はしないのかもしれない。
しかしながら、その対価として骨も残されずに喰われてしまうのであれば、堪ったものではない。
街を歩いていて、いきなり見ず知らずの美人に声を掛けられたのならば、彼女は魔女かもしれない。
そんなときはお母さんの言うことをちゃんと聞いて、まっすぐにお家に帰ったほうがいい。
さらに言えば、困ったときこそお母さんに相談してみてはどうだろう。
恋の人生相談から愛する息子の秘蔵卑猥本の隠し場所までしっかりと答えてくれることは間違いない。
さて、このままでは魔女の話し云々ではなく、お母さんの話が始まってしまいそうであるので、物語の始まりへと進めることにする。
まずはこの物語の主人公の一人である水白 秋人(みずしろ あきひと)少年へと視点を向けなければならない。
スポーツ万能、頭脳明晰。
主人公と聞けば、読者はこの様な想像をされるかもしれない。
しかしながら、運動神経は人並み以下。
かといって、頭脳明晰であるかといえばそれもない。
学生時代、教室に一人はいたであろう影の薄い存在。
卒業してしまえば、同じクラスだったことさえ忘却の彼方へと飛び去ってしまうような稀代の凡人こそが水白 秋人その人なのである。
長々と説明をしてしまったが、簡単に言えば、絵に描いたような『とろくさいダメ人間』である。
そんな水白少年であるから、今日も今日とて『魔女の住処』で『魔女』にこき使われているのであった。

動作環境

イザイアノトケイ‐what a brutish witches‐の対応動作環境
ソフト名:イザイアノトケイ‐what a brutish witches‐
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP/Me/2000/98/95
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: サークル推考倶楽部 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

つまり 


「アドベンチャー」カテゴリーの人気ランキング

  1. クトゥルフの弔詞 〜夢声慟哭〜 クトゥルフ神話をベースにした夢から夢へと渡るオリジナル怪奇幻想ノベルゲーム(ユーザー評価:0)
  2. グスコーブドリの伝記 宮沢賢治の同名の小説をもとにした短編アドベンチャー(ユーザー評価:3.5)
  3. 排気ガスサークル モノクロの世界を彷徨う、陰鬱アドベンチャーゲーム(ユーザー評価:3.5)
  4. ファタモルガーナの館 体験版 ポルトガル語の楽曲や、重厚なイラストが醸し出す悲劇と絶望のオムニバスストーリー(ユーザー評価:4.5)
  5. ANGEL WHISPER 虚構が現実を蝕んでゆく…少しずつ、少しずつ…(ユーザー評価:0)

「アドベンチャー」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック