顔面衰弱(Win)

神経衰弱の変種の一人ゲーム


ソフト詳細説明

「顔面衰弱」は神経衰弱の変種です。一般的な神経衰弱では何人かで取った枚数を競いますが、こちらは減点制の一人ゲームになっています。
25枚のカードの中に同じ顔の書いてあるものが1組づつあるので、これを探して取っていきます。25牧は奇数ですから1牧だけ組にならないカードがあって、カードがこの1枚だけになったら終わりです。最初に100点の持ち点があって、同じカードを3回以上開くと1点ずつ減点されていきます。開いたカードを完全に覚えていれば同じカードを3回以上開く事は無いはずですから100点取ることが出来ます。
カードの図柄はファイルから読み込むも可能で、適当なグラフィックソフトがあれば独自に作成することができます。別に配布しているユーティリティ「切抜き枠」にも図柄ファイル作成の機能があります。
これはMacintosh用に作った物をそのままWindows用にコンパイルしたものです。バージョン3.1.2よりWindows版も公開することにしました。

動作環境

顔面衰弱(Win)の対応動作環境
ソフト名:顔面衰弱(Win)
動作OS:Windows XP/Me/2000/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 竹内 喜代志 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ゲーム  神経  衰弱  変種 


「神経衰弱」カテゴリーの人気ランキング

  1. 作れモン!神経衰弱 〜作ろう!オリジナル神経衰弱 お好みの画像を用意するだけで、オリジナル神経衰弱ゲームができる(ユーザー評価:0)
  2. つーるバーただの神経衰弱 つーるバーで遊ぶ、ただの神経衰弱(ユーザー評価:3.5)
  3. じんぐる 軽快なリズムに乗って美麗なアイテムが動く神経衰弱(ユーザー評価:0)
  4. 神経衰弱 with 助っ人権兵衛 サンプルスクリプト宣伝ゲーム第二弾(ユーザー評価:0)
  5. 神経衰弱 できるだけ覚えて点数を稼ごう!(ユーザー評価:0)

「麻雀・将棋・パチンコ・カードゲーム」カテゴリのソフトレビュー

  • 囲連星 1.0.3 - 囲碁と五目並べとを組み合わせた、シンプルかつ変化に富んだゲーム
  • ヴァイロンの塔 1.19 - 4種類のカードで三竦みの戦いを行う、シンプルなカードバトルゲーム
  • 綿雀荘 1.06 - 9種類の牌ゲームも楽しめる、オーソドックスな四人打ち麻雀ゲーム
  • まじかるとらんぷ 〜大富豪〜 - かわいい女の子たちと対戦する、ローカルルール満載の“拡張版”大富豪
  • 3D麻雀悠遊 1.031 - 純粋に麻雀そのものを楽しみたい人に最適な、完成度の高い3D麻雀ゲーム

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック