KSK VibSim2

ばね-質量よりなる2自由度自由振動をシミュレイションし動画で見せる学習ソフト


ソフト詳細説明

ばね−質量よりなる2自由度振動系が対象です。設定した初期条件のもと,外力が存在しない場合の振動をシミュレイションします。

2組のばね定数・質量をセットしスタートすると,振動の様子が見られます。
2組のばね定数・質量を変化させると,2つの固有振動数(ωn1,ωn2)の変化の様子も見られます。
mass 質量
spring constant ばね定数
initial displacement 質量の初期変位(上向きが正)
initial velocity 質量の初期速度(上向きが正)

2つの質量と2つのばね定数を,起動時のままに保ち,2つの質量の初期速度を0に設定し,初期変位を適当に決めると,2つの振動モードのうちの片方が止まってしまう場合を観測できます。例えば下の質量の初期変位を0.05,上の質量の初期変位を−0.03にすると2次振動モードのみとなり,下の質量の初期変位を0.05,上の質量の初期変位を0.08にすると1次振動モードのみとなるのが観測できます。

動作環境

KSK VibSim2の対応動作環境
ソフト名:KSK VibSim2
動作OS:Windows 2000/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 小坂 敏文 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

動画  学習  質量  ばね  振動  シミュレイション 


「技術・工学」カテゴリーの人気ランキング

  1. 地震検索システム EQLIST 日本周辺で発生した約3万個の地震データを検索し、震源情報とともに震源位置を地図上に表示(ユーザー評価:3.5)
  2. 3次元ロータリーエンジン 3次元でロータリーエンジンの動きが見える(ユーザー評価:0)
  3. FFTexc 高速フーリエ変換による周波数解析の簡易ソフト(ユーザー評価:0)
  4. らくらくロジック デジタル回路の論理動作をシミュレートする簡易シミュレータ(ユーザー評価:0)
  5. 多変量解析入門 多変量の測定データに対して重回帰分析と主成分分析を行う(ユーザー評価:0)

「科学」カテゴリのソフトレビュー

  • PreviSat 3.1.1.2 - 人工衛星の位置や軌道をリアルタイムで確認できる“衛星追跡ソフト”
  • Celestia 1.6.1 - 時間と空間の移動も可能な、圧倒的に美しい“宇宙旅行”ソフト
  • サン・アースくん 1.89 - 地軸の傾きや離心率を変化させることも可能な天体シミュレーションソフト
  • Facio 11.3.1 - 3D分子モデルの作成や計算結果の可視化などが可能な計算化学統合環境
  • HippLiner 2.7.1 - 恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック