茶筌

日本語形態素解析システム


ソフト詳細説明

形態素解析システムはあらゆる種類の日本語解析の前処理として必須のプロセスです.本システムは,計算機による日本語解析を志す多くの研究者が利用可能なように,使用者によって品詞体系,単語認定基準などを容易に変更できるよう配慮しています.

茶筌システムの原形は,京都大学長尾研究室および奈良先端科学技術大学院大学 松本研究室において開発された日本語形態素解析システムJUMAN(version2.0)です.今回リリースした 茶筌 version 2.0 では,従来の 茶筌 version 1.0 から大幅な改良が加えられており,解析速度と解析精度が向上しています.辞書に関しては,情報処理振興事業協会による独創的先進的情報技術に係わる研究開発「日本語ディクテーション基本ソフトウェアの開発」の一環として開発された ipadic1.01 に独自の修正を加えたipadic2.0 を用いています.

茶筌 version 2.0 for Windows には専用のGUIである WinCha 2000 を添付しています.WinCha 2000 を用いれば,簡単に形態素解析を行うことができます.また,コーパス作成ツールとしても利用可能です.

上記の Windows 版以外にも Unix システム用のアーカイブを用意しています.詳しくは茶筌ホームページをご覧ください.
http://cl.aist-nara.ac.jp/lab/nlt/chasen.html

動作環境

茶筌の対応動作環境
ソフト名:茶筌
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 茶筌管理開発担当者集団  山下 達雄  浅原 正幸  松本 裕治  平野 善隆  北内 啓  松田 寛 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

形態素  解析 


「日本語」カテゴリーの人気ランキング

  1. 打ち込みっ!百人一首 百人一首をキーボード入力で覚えるお手軽暗記ツール(ユーザー評価:3)
  2. ペンワークス 筆順 筆順(書き順)を練習するツール 一筆ごとに色を変え,筆順(書き順)の番号を表示(ユーザー評価:0)
  3. 漢文快くん(かんぶんよしくん) 2019 漢文の返り点入力を簡単にするフォント、マクロ 「一太郎2019」対応(ユーザー評価:0)
  4. お手本アトリエ 習字・書道手本作成ツール(ユーザー評価:0)
  5. 茶筌 日本語形態素解析システム(ユーザー評価:0)

「日本語」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック