「ローマ字読み」ユーザー定義関数の説明

文字列を、ローマ字のヘボン式(標準)に変換する「ユーザー定義関」


ソフト詳細説明

【機能】
文字列を、ローマ字のヘボン式(標準)*1,*2に変換する「ユーザー定義関」です。
通常の関数と同じように、ワークシート上で使用できる関数です。
*1:のばす音(長音)フォントの制約から母音字の上に-をつけて表す表現はできませんので、「かー」は「kaa」のように表現しています。
*2:漢字、数値、アルファベット、記号の処理

漢字は、漢字を関数でふりがなに変換し、さらに「ローマ字読み」に変換します。(この場合のふりがなは正しくない可能性があります。)
数値,アルファベット,記号は、全角に変換されます。

【書式】
=ローマ字読み(文字)
引数:文字
「ひらがな」または「カタカナ」での文字列を入力するか、セル参照式を入力します。

【使用方法】
セルに直接関数=ローマ字読み( と入力するか
関数を入力するセルで関数貼付ボタン「fx」を押します。
「関数の挿入」ダイアログボックスが表示されますので、関数の分類で「ユーザー定義」を選択します。
関数名「ローマ字読み」を選択します。
数式パレットが表示されますので、ひらがな又はカタカナの文字列を入力するか、参照セルを選択します。
通常の組み込み関数と同じように、引数の入力ができ、数式の結果も表示されます。
この関数のヘルプはありません。
セルに計算結果が表示されます。

解凍されるファイル
romajiadd.xls
24.0kB
2009/08/30
ローマ字読み.xla
64.0kB
2009/08/29
「ローマ字読み」ユーザー定義関数の説明.txt
8.73kB
2009/08/30

詳細な説明は
http://kiyopon.sakura.ne.jp/soft/romaji.htm
を、参照してください。

著作権は作者「岡安清隆」にあります。

注意このソフトを使用する場合は、「アドインソフト使用上の注意」
http://kiyopon.sakura.ne.jp/soft/addin.html
を必ずお読みください。

動作環境

「ローマ字読み」ユーザー定義関数の説明の対応動作環境
ソフト名:「ローマ字読み」ユーザー定義関数の説明
動作OS:Windows 7/Vista/XP/Me/2000/NT/98/95
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 岡安 清隆 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  ローマ字  ユーザー定義  ヘボン 


「MS-Excel用」カテゴリーの人気ランキング

  1. Excel電子印鑑 苗字が4文字の方にも対応! 丸型、小判型の認印・データーネーム印・角印・ビジネス印に対応した印鑑ソフト(ユーザー評価:3.5)
  2. Excel UnPassword 忘れてしまったExcelのパスワードを解析(ユーザー評価:0)
  3. ガントチャートforExcel Excel97以降で動作する工程表作成マクロ(ユーザー評価:3.5)
  4. 複数画像の一括挿入 複数画像を一括で選択してセルに挿入し、セルに合わせて画像のサイズ縮小(または拡大)もできる(ユーザー評価:4.5)
  5. エクセル工程図 これひとつで工程図の全作業(工程表作成、ネットワーク図・バーチャート作図、工種入力等)が簡単にできる(ユーザー評価:0)

「計算・表計算・グラフ」カテゴリのソフトレビュー

  • コピって計算 2.0 - コピーするだけで、アプリケーションに記述された数値を計算できるソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック