拡張SUM

合計範囲のセルを、ステップの行(または列)毎に飛び飛びで合計する


ソフト詳細説明

「拡張SUM」ユーザー定義関数の説明

【機能】
通常の組み込み関数と同じようにワークシート上で使用できる関数です。
合計範囲のセルを、ステップの行(または列)毎に飛び飛びで合計します。
書式 =sumx(合計範囲,ステップ)
合計範囲 :セルの値を合計する範囲を指定します。
範囲の先頭行(または左端列)を基点として合計します。
範囲を複数行にわたって指定した場合は、行の数を合計します。
範囲を複数列にわたって指定した場合は、列の数を合計します。
範囲を複数の行と列共に指定した場合は#VALUEエラーが返ります。
ステップ :合計する行(または列)の間のテップ数を指定します。
1とすれば1行(または列)おきにセル値を合計します。
2とすれば2行(または列)おきにセル値を合計します。
0とすれば範囲のすべてのセル値を合計します。(通常のSUMと同じ)

【使用方法】
セルに直接関数
=sumx(
と入力するか関数を入力するセルで関数貼付ボタン「fx」を押します。
「関数の挿入」ダイアログボックスが表示されますので、関数の分類で「ユーザー定義」を選択します。
関数名「sumx」を選択します。
数式パレットが表示されますので、2つの引数「合計範囲」のセルを選択します。
「ステップ」に数を入力します。
通常の組み込み関数と同じように、引数の入力ができ、数式の結果も表示されます。
この関数のヘルプはありません。
セルに計算結果が表示されます。

動作環境

拡張SUMの対応動作環境
ソフト名:拡張SUM
動作OS:Windows Vista/XP/Me/NT/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 岡安 清隆 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

範囲  合計  セル  飛び飛び 


「MS-Excel用」カテゴリーの人気ランキング

  1. Excel電子印鑑 苗字が4文字の方にも対応! 丸型、小判型の認印・データーネーム印・角印・ビジネス印に対応した印鑑ソフト(ユーザー評価:3.5)
  2. ガントチャートforExcel Excel97以降で動作する工程表作成マクロ(ユーザー評価:3.5)
  3. Excel UnPassword 忘れてしまったExcelのパスワードを解析(ユーザー評価:0)
  4. 複数画像の一括挿入 複数画像を一括で選択してセルに挿入し、セルに合わせて画像のサイズ縮小(または拡大)もできる(ユーザー評価:4.5)
  5. Excelセンチ単位 簡単操作でエクセルの列幅、行高をセンチやミリで設定出来るアドイン(ユーザー評価:2.5)

「計算・表計算・グラフ」カテゴリのソフトレビュー

  • コピって計算 2.0 - コピーするだけで、アプリケーションに記述された数値を計算できるソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック