脳梗塞予防ワーファリン療法の出血対応

ワーファリン療法における副作用の出血は診断に遅れがあると生命に危険を伴う その出血対処の看護数式


ソフト詳細説明

今回の看護数式は、高齢者の脳梗塞を予防るワーファリン療法のコントロールにおける副作用の頻度の高い出血についての学習ガイドを試作しました。昨夏と今夏の1年間に3回の血尿トラブルを体験し、今回はワーファリン療法の出血対応の看護数式です。あらためて病態に関係する出血の意味を考えますと、『出血とは、血液を構成する全成分が、生体の心臓あるいは血管から外に出ることです。それを知るのは、赤血球が出ていることが全血液成分の逸出の判定インデックス』になります。現在、血尿をチェック確認する患者は潜血試験紙観察から赤血球の逸出に頭をなやましています。出血の定義的原因は、血管壁および血管周囲組織の異常、血液凝固の異常が外傷性、侵食性と理解します。すると、ワーファリン・コントロールの出血は抗凝固作用によるものです。そして、出血性合併症の症状も現れることです。出血は、周囲の細胞、組織の圧迫または閉塞の他に『血流量の減少』となります。
その他として、血流量の減少は、細胞の障害症状として⇒酸素の不足、栄養障害⇒壊死(発熱・倦怠感・CRP高値・白血球増加・酸素の逸脱・血沈亢進)か、変性⇒機能障害へと病態変化があります。壊死の修復組織の除去⇒血管新生、肉芽組織の増殖⇒瘢痕化する場合もあります。ワーファリン・コントロールの出血は、その量と場により、どのルートが中心となるかを考えることが大切です。しかし、多彩な出血トラブルを起こす部位の確認がまずリスク管理に必要な看護知識になると考えます。よって、今回は、出血ガイドをペイントにより画像を作成し、VBScriptまたはTTSneoの入力ボックスに照合数値を入力しますと、関係する出血の症状をメッセージする簡略なものをプログラムしました。ソースをのぞけば、VBScriptの構成が追跡学習できます。また、「ゆうとさん」の日本語プログラミィングでは、.TTSのソースをご覧になれば、きわめて単純なプログラム構造を知ることができます。

動作環境

脳梗塞予防ワーファリン療法の出血対応の対応動作環境
ソフト名:脳梗塞予防ワーファリン療法の出血対応
動作OS:Windows XP/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

数式  診断  看護  生命  療法  対処  出血  副作用  ワーファリン  遅れ 


「医療・病院」カテゴリーの人気ランキング

  1. 入院患者病床管理表EXCELsheet 患者の入退院管理を目的にしたシート(ユーザー評価:0)
  2. 日誌・記録ソフト「かんたんケース記録くん」フリー 各種医療機関、施設向け 日々の日誌入力をすれば、個人記録に展開してくれるExcelシート(ユーザー評価:0)
  3. 看護婦勤務表作成支援EXCELsheet EXCELによる看護婦勤務表の作成を支援するマクロ(ユーザー評価:0)
  4. 治療家が作った電子カルテ [整骨・整体・カイロ等に] 治療家の目線で作らられているので、あなたの現場にマッチすること間違いなし!(ユーザー評価:4.5)
  5. 心電図データファイル 心電図データを保存・閲覧する(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック