へるぷ! 必要エネルギー自動計算

Harris-Benedictの式から導き出した基礎代謝量から総エネルギー量および、必要たんぱく質量を求める


ソフト詳細説明

H17.10より改正介護保険法により、食費が給付されなくなります.それに伴い、患者様の自己負担が増えることになります.一方、栄養マネージメントが必須になり、これをきちんと施行していない病院は、「栄養マネージメント加算」が取れなくなります.栄養マネージメントの基本は、Harris-Benedictの式から科学的にその患者の基礎代謝量(BEE)を求め、それへ「活動係数」、「傷害係数」、「四肢切断による体重比」を掛けて、総エネルギー量(TEE)を求めることです.栄養マネージメントはこれだけでことが済むわけではありませんが、Harris-Benedictの式は非常に難しく、コンピュータ化が必須です.
本プログラムは、病院で人気の高いファイルメーカーで作ってあります.自院のカルテ番号とリレーションを組めば殆ど自動的に入力ができます.
来年からは、慢性疾患患者という医療保険分野にも栄養マネージメントが必要になってくるといわれています.よろしかったら使ってみてください.
なお、進んだ電子カルテベンダーを採用されていましたら既にこの辺のことは組み込んである可能性は大きいですが….

動作環境

へるぷ! 必要エネルギー自動計算の対応動作環境
ソフト名:へるぷ! 必要エネルギー自動計算
動作OS:Windows XP/Me/2000/98
機種:汎用
種類:メールウェア
作者: GERUGERU 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

エネルギー  代謝  たんぱく質  Benedict  Harris 


「医療・病院」カテゴリーの人気ランキング

  1. 心電図データファイル 心電図データを保存・閲覧する(ユーザー評価:0)
  2. 日誌・記録ソフト「かんたんケース記録くん」フリー 各種医療機関、施設向け 日々の日誌入力をすれば、個人記録に展開してくれるExcelシート(ユーザー評価:0)
  3. 看護婦勤務表作成支援EXCELsheet EXCELによる看護婦勤務表の作成を支援するマクロ(ユーザー評価:0)
  4. 治療家が作った電子カルテ [整骨・整体・カイロ等に] 治療家の目線で作らられているので、あなたの現場にマッチすること間違いなし!(ユーザー評価:4.5)
  5. Free診療情報提供書 for ファイルメーカー ファイルメーカー用診療情報提供書、簡単作成データベース(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック