不整脈薬剤治療

不整脈薬剤を種類多く服用治療する自己判定


ソフト詳細説明

血尿が3日ほど続いての排尿から尿酸抑制の泌尿器科の投薬があり、更に、外科の腹部超音波検査により腹水が検出されました。腹水を来たす主な疾患を考えますと、蛋白量の少ない漏出液⇒肝硬変、蛋白量の多い滲出液⇒癌性腹膜炎がまず考えられます。胃癌手術後6年目の検査からの患者の推察です。
腹水中のADA(アデノシン・デアミナーゼ)は結核性腹膜炎のときの特異的増加ですが、胸苦しさは昨年からはじまり、足の裏の床面接触の異質を感じはじめたのは2年前あたりからです。漏出液では低アルブミン血症を来たす疾患、滲出液では炎症の有無や程度の調査も必要を考えると、ネフローゼ症候群の鑑別のために尿蛋白、血清総コレステロール(医学書の学習からの知識は、ネフローゼでは高値、肝硬変では低値をとる便利な指標)、BUNやクレアチニンを測定も必要を考えました。また、電解質のチェックも必要です。次いで、循環器科の再診で、鬱血性心不全は心エコー、心電図、胸部レントゲンなどから鑑別されました。また、採血から血算検査されました。
足の踝あたりの浮腫を認識しますと肝硬変による門脈圧亢進、脾臓の機能が古くなった血球を破壊する働きが亢進するため、白血球、赤血球、血小板とも減少することもあります。外科の胃癌術後の懇切な追跡検査、泌尿器科の前立腺肥大症10年間の治療追跡検査、加えては、今回から循環器科の不整脈追跡検査が新規の開始されました。
そこで、今回は、Vaughan Williamsの分類と心電図変化による循環器科の緊急投薬の治療効果を自己判定するプリムティーブ看護数式を学習することにしました。不整脈の薬物治療は10年前の前立腺大症のTURP手術中の不整脈発生による手術中止と再手術後の不整脈薬剤治療を数年間続け、看護数式を幾つか患者の立場から追跡的学習をしました。今回は、不整脈の再度の体験的学習です。

動作環境

不整脈薬剤治療の対応動作環境
ソフト名:不整脈薬剤治療
動作OS:Windows XP/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

自己  治療  薬剤  服用  不整脈  判定 


「医療・病院」カテゴリーの人気ランキング

  1. 試薬管理ツール 生化学検査試薬などの統合型多機能管理発注マクロ(ユーザー評価:0)
  2. PharmInfoSE2 Accessを利用した簡易医薬品集 薬効別、成分、50音別検索可能(ユーザー評価:0)
  3. ICD-9CM検索 Win ICD-9CM・標準手術・処置名検索データベース (ファイルメーカー4〜6)(ユーザー評価:0)
  4. 健康診断管理の概要と検査値の正常・異常の検索改定 今回で一般的な検診の検査項目を網羅的にいたしました(ユーザー評価:0)
  5. 日誌・記録ソフト「かんたんケース記録くん」フリー 各種医療機関、施設向け 日々の日誌入力をすれば、個人記録に展開してくれるExcelシート(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック