採血検査値HTML自動作成法

定期検診としての血液検査結果をWSHによりHTML自動作成


ソフト詳細説明

今回は定期検診としての血液検査と生体検査および手術後の腫瘍マーカーに重点をおいた検査項目を測定機器の相違から3つに分け、関係する検査項目の検査値を整理する方法としてWSH(Windows Scripting Host)を使った自動ホームページ作成ツールを試作。これは下記の考えによるものです。75歳から87歳(2005年)までの10年間の医療機関のお世話になって以来、患者にフィードバックさる検査結果はかなりのボリューム資料となっていますが、これをファイルしたままで、症状(体の中の状態)、治療や看護の必要性を示唆していることへの理解不十分、治療や看護の適否に真に役立っているか、それには大きな疑問があります。私を含めて多くの患者は、大切なデータの管理不十分としているようです。症状と検査結果を比較しながら現在実施されている看護を評価・考察し、今後の自己看護の判断と実施に間違いないか?その適合性を確認することは患者として重要です。WSHを使う自動ホームページ作成はVBScriptのプログラミングとしてよく知られているものです。TTSneoを使っての事例はメニューを作成しました。詳細はAUTOH.LZH解凍の上、INDEX本文を参照してください。

動作環境

採血検査値HTML自動作成法の対応動作環境
ソフト名:採血検査値HTML自動作成法
動作OS:Windows XP/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

検査  血液  HTML  検診  WSH 


「医療・病院」カテゴリーの人気ランキング

  1. 治療家が作った電子カルテ [整骨・整体・カイロ等に] 治療家の目線で作らられているので、あなたの現場にマッチすること間違いなし!(ユーザー評価:4.5)
  2. 日誌・記録ソフト「かんたんケース記録くん」フリー 各種医療機関、施設向け 日々の日誌入力をすれば、個人記録に展開してくれるExcelシート(ユーザー評価:0)
  3. 入院患者病床管理表EXCELsheet 患者の入退院管理を目的にしたシート(ユーザー評価:0)
  4. 身長体重標準偏差計算プログラム(小慢対応版) 平成12年の小児の全国統計からの身長・体重表(小慢対応版)を使用し、標準偏差計算をする(ユーザー評価:0)
  5. ヒヤリハット管理 ヒヤリハットを管理登録(ファイルメーカーPRO4.0テンプレート)(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック