胃癌手術後5年の貧血判断

胃癌手術後5年の貧血を赤血球色素指数と容積指数の統計的データからの認識・判断


ソフト詳細説明

胃癌手術後5年生存率を告げられてから5年経過しました。その間、前立腺疾患の治療を続けながら総胆管結石の治療と白内障の手術および抜歯5本などの治療がありました。胃癌術後のダンピング症状はなく、5年目の胃カメラ検査では、食道の軽い炎症が認められた程度。長期の下痢などありましたが、現在は、毎日普通排便。しかし貧血症状は、現在も続き、ときにふらつき、めまい、四肢の冷感のくりかえしがあります。この症状は、前立腺疾患の服用薬との絡みがあるように思われます。しかし、末梢血液の赤血球の数の減少、赤血球内にあって酸素運搬するヘモグロビンの不足、特に、日本人の場合の鉄の不足への対応が必要と知って普段の食事内容をややきびしく管理してきました。ともあれ、5年生存を迎えた証としての貧血データを整理してみると、正常値の割り込みは確かに認められますが、ある範囲内の繰り返しにあります。今回は、これらのデータを判断してみたものです。

動作環境

胃癌手術後5年の貧血判断の対応動作環境
ソフト名:胃癌手術後5年の貧血判断
動作OS:Windows XP/Me/2000/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

統計  認識  判断  指数  手術  容積  赤血球  胃癌  色素  貧血 


「医療・病院」カテゴリーの人気ランキング

  1. 看護婦勤務表作成支援EXCELsheet EXCELによる看護婦勤務表の作成を支援するマクロ(ユーザー評価:0)
  2. 治療家が作った電子カルテ [整骨・整体・カイロ等に] 治療家の目線で作らられているので、あなたの現場にマッチすること間違いなし!(ユーザー評価:4.5)
  3. 出納帳95 現金出納帳、振替伝票を簡単に記入、印刷でき、年毎の各種集計操作ができます(ユーザー評価:4.5)
  4. 試薬管理ツール 生化学検査試薬などの統合型多機能管理発注マクロ(ユーザー評価:0)
  5. 入院患者病床管理表EXCELsheet 患者の入退院管理を目的にしたシート(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック