CSVPUT

ODBCデータベースのテーブルデータをSQL文抽出しCSVファイル出力 対話画面とバッチコマンドの2モード有り


ソフト詳細説明

SQL文を指定することでODBC接続先のテーブルデータをCSV形式でテキストトファイルに出力する。
対話画面はらSQL文を入力しCSVファイル出力する機能および、起動パラメータでSQL文ファイルを指定しバッチ処理モードで実行させる2つの処理モードを持つ。
データベースにはODBCインタフェース接続を利用しているため、基本的にはデータベースの種類を問わず利用が可能です。(但し作者環境では、Oracle9i、SybaseSQLAnywhere6.0のみ確認済)
CSVファイル出力する際に、カラム名を1行目に出力することも可能(出力しないことも可能)で、区切り記号を「,」または「タブ」の選択も可能となっている。

動作環境

CSVPUTの対応動作環境
ソフト名:CSVPUT
動作OS:Windows XP/2000/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: TOMO 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

データベース  コマンド  抽出  バッチ  テーブル  対話  ODBC  CSV  SQL 


「データベース」カテゴリーの人気ランキング

  1. Text Clipper 多くのテキストをツリー構造で管理(ユーザー評価:0)
  2. テキストの書斎 ハ−ドディスクに散乱しがちなテキストファイルやリッチテキストファイルをデ−タベ−ス化(ユーザー評価:0)
  3. Visual Cardfile はがき印刷やオーディオ管理に適した汎用データベース(ユーザー評価:0)
  4. KeyPoint98 画像やExcel表などが取り込めるマルチメディア文書データベース(ユーザー評価:0)
  5. Common SQL Environment SQL開発環境(ユーザー評価:4)

「データベース」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック