消費税簡易課税選択前の将来予測

将来、消費税の簡易課税と本則課税のどちらが有利になるかを現在の決算書から予測


ソフト詳細説明

消費税改正により、課税対象の売上高が1,000万円まで下がりました。また、簡易課税を選択 できる事業者の基準も5,000万円まで下がっています。簡易課税を選択できる事業者の方にとっては、業種やコストの多寡によって簡易課税を選択するよりも本則の方が消費税を節税できる場合もあります。
このソフトは現在の決算書から、売上等の伸び率に応じて発生する消費税額を予測し、本則と簡易のどちらが有利かをシミュレーションするソフトです。シミュレーションの結果は比較表とグラフで照会できます。
(JWordインストールの案内が表示されることがあります。そのときは御協力ください。)

動作環境

消費税簡易課税選択前の将来予測の対応動作環境
ソフト名:消費税簡易課税選択前の将来予測
動作OS:Windows 7/Vista/XP/Me/2000/NT/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: インターネット税務顧問と記帳代行 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

現在  予測  消費税  課税  将来  どちら  有利  本則 


「税金関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. エクセル減価償却 ExcelやCalcで使えるかんたん償却費計算ソフト 青色申告にもおすすめ(ユーザー評価:4.5)
  2. 固定資産管理Dx個人事業者版 固定資産台帳、確定申告用減価償却費の計算表の作成ができるEXCELワークブック(ユーザー評価:4.5)
  3. エクセルで作る青色申告決算書(一般用)1 青色申告の決算書作成をお手伝いするエクセルブック(ユーザー評価:0)
  4. Excel相続税2005【遺産分割自由自在】 遺産の分割案シミュレーションが相続税の計算に連動する遺産分割、相続税計算支援ソフト(ユーザー評価:0)
  5. 法人税の確定申告書作成ソフト 申告書がA4コピー用紙に白紙印刷が出来る(ユーザー評価:2.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック