ボケ予防とボケ判定

ボケ予防とボケ判定をVBScriptと日本語プログラミングTTSneoで作成


ソフト詳細説明

高齢者の痴呆は脳の老化といわれ、その痴呆は、「脳血管性痴呆」と「アルツハイマー型痴呆」に分けられます。この2つの痴呆が混合した「混合型痴呆」も数は少ないが存在します。「脳血管性痴呆」と「アルツハイマー型痴呆」が全体の80%(「脳血管性痴呆」≒30%、「アルツハイマー型痴呆」≒50%)と大部分を占めています。「脳血管性痴呆」は、脳血管の障害によって起こります。これには、血管がつまっる閉塞性と、血管が破れる出血性があります。出血性には、脳内出血とクモ膜下出血があり、痴呆を引き起こすことになりますが、頻度は低いようです。脳血管性痴呆の原因の多くは、脳梗塞によるものです。最近の統計によると、脳梗塞の数と痴呆発症数が比例して増えています。脳梗塞の危険因子は、動脈硬化、高血圧、糖尿病などの生活習慣病、不整脈などの心疾患のほか、喫煙習慣や加齢があります。年をとることは避けられませんが、これらの因子に対し適切な治療を行なうこと、生活習慣を見直すことで脳血管性痴呆はある程度防ぐことができます。一方のアルツハイマー型痴呆の原因については、いまだ世界の研究者達が、その解明に努力を重ねているものです 。アルツハイマー型痴呆でのCT(Computed Tomography=コンピュータ断層写真)やMRI(MagneticResonance Imaging=磁気共鳴画像撮影)などの脳の画像検査で、広範な脳の萎縮ゃ、老人斑とよばれるしくみのようなもの、脳神経が変質する神経原線維変化がみられ、この変化は正常の老化の過程でもみられますが、アルツハイマー型痴呆においては、その程度と表れる個所に特徴があります。事実として、アルツハイマー型痴呆は若い人にはきわめて少なく、加齢とともに増加しています。こうした傾向からアルツハイマー型痴呆も「脳の老化」がもたらす側面があるもののようです 。この病気も早期発見・早期予防・早期治療に効果のあるものです。今回はボケの早期発見に重点を向けました。これらの試作看護数式の使用よって何らかの障害や金銭的なものも含めた損失が生じたとしても、その原因が看護数式のバグや意図された動作によるものであるか否かを問わず、看護数式の作者はその責任を負いません。一般のフリーソフトと同様に利用者の自己責任において使用していただくことを前提にまとめています。何卒ご承知の上、お使いください。

動作環境

ボケ予防とボケ判定の対応動作環境
ソフト名:ボケ予防とボケ判定
動作OS:Windows XP/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

プログラミング  TTSneo  判定  ボケ  VBScript 


「医療・病院」カテゴリーの人気ランキング

  1. 試薬管理ツール 生化学検査試薬などの統合型多機能管理発注マクロ(ユーザー評価:0)
  2. PharmInfoSE2 Accessを利用した簡易医薬品集 薬効別、成分、50音別検索可能(ユーザー評価:0)
  3. ICD-9CM検索 Win ICD-9CM・標準手術・処置名検索データベース (ファイルメーカー4〜6)(ユーザー評価:0)
  4. 健康診断管理の概要と検査値の正常・異常の検索改定 今回で一般的な検診の検査項目を網羅的にいたしました(ユーザー評価:0)
  5. 日誌・記録ソフト「かんたんケース記録くん」フリー 各種医療機関、施設向け 日々の日誌入力をすれば、個人記録に展開してくれるExcelシート(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック