OracleDiff

テーブルのカラムやインデックスなど、2つのオラクルデータベースの環境の違いを表示するDiffツール


ソフト詳細説明

OracleDiffは、テーブルのカラムやインデックスなど、2つのオラクルデータベースの環境の違いを表示するDiffツールです。
オラクルの特性を含んでのDiffではなく、単にテーブルのカラムなどを文字列として比較するだけですが、意外と手間のかかる環境の違いの調査の手がかりにはなると思います。
開発環境と本番環境で、動作が異なるなどの症状が出たときに、使ってみてください。

OracleDiffの実行には、オラクル社のNet8が必要です。

最新版は、http://www.yokka.com/yokkasoft/ で公開しています。

動作環境

OracleDiffの対応動作環境
ソフト名:OracleDiff
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98/95
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: Yokka 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!


「Oracle用」カテゴリーの人気ランキング

  1. SQLFix SQLを見やすく整形(ユーザー評価:3.5)
  2. Importer+ OracleへのCSVデータのインポート、およびエクスポートが可能(ユーザー評価:0)
  3. Jdbckit For Oracle Oracleブラウザ(ユーザー評価:3.5)
  4. OracleDiff テーブルのカラムやインデックスなど、2つのオラクルデータベースの環境の違いを表示するDiffツール(ユーザー評価:0)
  5. Oracle Table Explorer Oracleのテーブル情報を簡単に素早く表示(ユーザー評価:4.5)

「データベース」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック