PBtoMDB Convert

電子ファイリングソフトウェアPowerBinderのDEFAULT.CTLファイルの情報をAccessのMDB形式に出力


ソフト詳細説明

<ソフトウェアの機能>
電子ファイリングソフトウェアPower Binderで作成されたフォルダのDEFAULT.CTLファイルから
・ページ情報
・コメント情報
・キーワード情報
・範囲マーク情報
・ハイパーリンク情報
・埋め込みファイル情報
を取得してMicrosoft社のリレーショナルデータベースソフトウェアであるAccessのMDB形式で出力することができます。

<出力できることの利点>
・クライアントからの依頼などで書庫などを作成する業務を請け負っている場合、クライアントへ詳細な情報をリストにして納品することが可能になります。
・キーワードなどを入力する際に全て統一した入力が行われているかどうかを確認することが出来ます。
・Power Binderを購入することなく閲覧することが可能になります。
(MDBファイルから読込ためのソフトを自作する必要があります)

動作環境

PBtoMDB Convertの対応動作環境
ソフト名:PBtoMDB Convert
動作OS:Windows XP/2000/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Project Team JEVEL 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

Access  ファイリング  CTL  MDB  DEFAULT  PowerBinder 


「変換」カテゴリーの人気ランキング

  1. 間引き君 csvファイル(カンマ区切り)からデータ(行)を適当に間引く(ユーザー評価:0)
  2. CSVファイル項目抽出プログラム CSVファイルの指定項目を抜き出して、CSVファイルを生成する(ユーザー評価:0)
  3. CHGCSV CSVファイルの行と列を交換(ユーザー評価:0)
  4. CSVファイル横マージプログラム 複数のCSVファイルを横にマージするプログラム(ユーザー評価:0)
  5. で〜たRame <USOデータ作成ソフト> ユーザーが指定した書式に従って、データベースや表計算用の架空のデータ(CSV形式)を作成(ユーザー評価:3.5)

「データベース」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック