N値算定(柱ズレ対応)ひな型.xls

木造2階建の柱・梁接合部の金物選定に必要なN値を算定


ソフト詳細説明

【概要】
木造2階建の柱梁接合部金物の選定には、告示1460号「木造の継手及び仕口の構造方法を定める件」の (1)第ニ号表から選択する方法と
(2)第ニ号ただし書きから選択する方法
(3)令第82条第一号から第三号までに定める構造計算によって選択する方法
などがあります。

このExcelワークブックでは、(2)の方法による選択に必要なN値を、簡単に算出できる
ようにしています。

【特徴】
・告示1460号第ニ号ただし書きの条件にそった方法で、柱梁接合部金物の種類を算出しま
す。
・耐力壁の種類、出隅、中柱等の条件をリストから選ぶだけで、計算式が記述されます。
(表の中に条件数値が表示されるのではなく、計算式として表示されるので、理解の助
けになります。)
・算出されたN値をもとに、金物種類も表示されます。
・2階と1階で柱位置が合ない時(柱ズレ)2階柱の軸力を1階柱に負担させてN値を算出できます。
★この処理を解説した図書などはありません。作者の独自(オリジナルの考えではあり
ませんが)の方法によっていますので、建築主事に説明を求められた場合は、ご自分で説得する必要があります。(^^ゞ
・ワークシート、マクロ共、一切パスワードによる保護をかけていないので、不具合があっても、使用者自ら(^^ゞ修正ができます。
・Excelワークブックなので、CADソフトがOLEに対応していれば、リンク貼付けができ、設計変更などの対応が簡単になります。
・ 基本的にExcelの操作一般を理解している方を対象としています。

動作環境

N値算定(柱ズレ対応)ひな型.xlsの対応動作環境
ソフト名:N値算定(柱ズレ対応)ひな型.xls
動作OS:Windows 98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: くまさん 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

算定  木造  接合  選定  金物 


「建築・土木」カテゴリーの人気ランキング

  1. 逆T擁壁構造計算書PrototypeX Excelによる逆T擁壁構造計算ソフト(ユーザー評価:0)
  2. 測量計算ソフトCALXfree 電卓では少し荷が重い測量計算を集めました(ユーザー評価:0)
  3. 耐震CheckIII CADライクな入力で、2012年改訂版版「木造住宅の耐震診断と補強方法」の診断ができる(ユーザー評価:0)
  4. STANPLOT 構造計画研究所STAN-3Dの解析ファイルを参照し通り符号を振った物を出力する(ユーザー評価:0)
  5. 木造軸組工法の構造計算 令46令47の検討(N値法・壁率比・金物選定・水平力精算)、品確法の計算、「許容応力度設計2008年版」対応版(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック