客観的診療能力評価

日本プライマリ・ケア学会の認定医制度の評価法の医療面接篇


ソフト詳細説明

寄贈されました月刊誌CareNetの01/05はプライマリ・ケアの特集でした。患者として感銘を受けましたのは、患者ニーズに十分に応える日本の医療界が目指す実践的活動の一端が覗けたことです。その中で、特にお医者さんの客観的臨床能力試験の評価シートに心が大きく動ききした。その心の動きにまかせて、今回は「医療面接篇」をVBScriptで試作いたして、お医者さんだけでなく、患者もお医者さんを自由に評価できるソフトにしました。患者に接するお医者さんの普段の努力がこのような方向にあるのを知って嬉しくなりました。患者としての医療学習に、客観的診療能力評価
(OSCE)も含めることにいたしました。次回以降に「身体診察篇」を試作する予定にあります。

動作環境

客観的診療能力評価の対応動作環境
ソフト名:客観的診療能力評価
動作OS:Windows Me/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

日本  評価  医療  学会  認定  ケア  制度  面接  プライマリ 


「医療・病院」カテゴリーの人気ランキング

  1. TriCoder2007 理学療法士のための、静的バランス解析、可動域測定、アライメント確認ソフト(ユーザー評価:0)
  2. ICD-9CM検索 Win ICD-9CM・標準手術・処置名検索データベース (ファイルメーカー4〜6)(ユーザー評価:0)
  3. 健康診断管理の概要と検査値の正常・異常の検索改定 今回で一般的な検診の検査項目を網羅的にいたしました(ユーザー評価:0)
  4. 医薬品棚卸処理 年に何度かの棚卸、数えるのも面倒ならば棚卸高計算も面倒 せめて棚卸高計算だけでも1日で済ませたい(ユーザー評価:0)
  5. フロントワークスライト 献立作成から発注作業までを支援する栄養管理統合システム(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック