OO4Oチェッカー

日本語列名使用時のOO4Oエラーをチェック


ソフト詳細説明

oo4o(Oracle Objects for OLE)はWindowsからOracleデータベースに接続するための最適なミドルウェアです。
しかしながら、oo4oは列名に日本語を使うと、バージョンによりエラーを起こすという変な癖を持っています。
「Oracleを使うなら、表名や列名に日本語を使うな!」というのが定説になっていますが、プログラムの生産性や保守性を考えると日本語の表名や列名は捨てがたいものがあります。特にVBのようにコントロール名に日本語が使用できる言語を使うと簡単な自動プログラミングも可能になります。
作者の経験の範囲では、日本語使用によるトラブルはoo4oとODBCドライバ使用以外には出会ったことがありません。
そこで、Oracleをバージョンアップしてもoo4oに問題が出ないかをチェックするソフトを作成しました。

起動しただけでも分かる単純なものですが、付属のHELPも参照願います。
1.0→1.1の変更点HELP起動のバグ修正。HELP内のOracle本情報追加。
1.0→1.2の変更点WindowsNT系でのフォーム文字化け対策のためフォント変更。

動作環境

OO4Oチェッカーの対応動作環境
ソフト名:OO4Oチェッカー
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 山田 健一 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

エラー  OO 


「Oracle用」カテゴリーの人気ランキング

  1. SQLFix SQLを見やすく整形(ユーザー評価:3.5)
  2. OkamolyZer 見積 オラクルの表、索引の領域サイズを見積もることができる(ユーザー評価:0)
  3. ImporterBee+ OracleへのCSVデータのインポート、およびエクスポートが可能 8i以降対応バージョン(ユーザー評価:0)
  4. EUCSQL Oracle DBをエクセルだけで、エンドユーザーが参照するシート(ユーザー評価:0)
  5. OracleDiff テーブルのカラムやインデックスなど、2つのオラクルデータベースの環境の違いを表示するDiffツール(ユーザー評価:0)

「データベース」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック