スペクトル解析 SPCANA

CSV形式の時系列データをスクロール表示し,FFTあるいはMEMによるパワースペクトラムを描く


ソフト詳細説明

CSV形式の時系列データ(テキストデータ)を読み込んで,波形のスクロール表示と各種スペクトル解析を実行します。
●8チャンネルまでの信号波形をスクロール表示するとともに,数値データ,統計量,スペクトルの詳細表示などを行います。
●任意位置から512〜8192個の数値データ範囲を指定して,FFTによって,フーリエ係数,フーリエスペクトラムあるいはパワースペクトラムを描きます。
●MEM(最大エントロピー法)によるスペクトルの評価ができます。
●信号の前段処理として,任意の帯域を指定して,バンドパスフィルターをかけたり,スペクトルの平滑化ができます。
●スペクトラムの目盛り設定やタイトル表示は自動的に行われますが,自由に設定することもできます。
●スペクトルのピークを検出し,大きい方から順に10個までのスペクトルの振動数とスペクトル値を表示するとともに,その平均値も計算します。
●FFTおよびMEM解析データおよび解析結果をCSVファイルに出力することができます。
●表示波形の振幅拡大率をチャンネルごとに設定できます。
●波形やスペクトル図をクリップボードにコピーしたり,PNGファイルとして保存することができます。

動作環境

スペクトル解析 SPCANAの対応動作環境
ソフト名:スペクトル解析 SPCANA
動作OS:Windows 7/Vista/XP/Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 鎌田 輝男 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

スクロール  系列  FFT  CSV  パワースペクトラム  MEM 


「技術・工学」カテゴリーの人気ランキング

  1. Hari Excel上で梁の撓みと応力を計算、複数荷重対応(ユーザー評価:0)
  2. 構成表(部品表)管理プログラム 階層で視覚的に部品構成表を管理できる(ユーザー評価:0)
  3. hameI(はめあい) はめあい(勘合)の計算が簡単にできる(ユーザー評価:0)
  4. 配管摩擦抵抗計算(給水編) 建物の給水配管の配管摩擦抵抗より、給水ポンプ揚程などを算出する(ユーザー評価:0)
  5. スペクトル解析 SPCANA CSV形式の時系列データをスクロール表示し,FFTあるいはMEMによるパワースペクトラムを描く(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック