AD-CADアーキ

SXF対応、面倒な包絡処理がいらないオブジェクト指向建築CAD


ソフト詳細説明

AD-CADは壁、柱、建具、鉄骨柱、開口部、通り芯といった属性情報を持った図形をオブジェクト化しこれらのオブジェクトを組み合わせる事で図面を表現していくといった基本構想に基づいてつくられています。
これらのオブジェクトは自分がどのような振る舞いをなすべきかといった情報を含んでいます。
壁と壁、壁と柱、壁と建具、壁と開口部といったオブジェクト同士の干渉部分は常に自動で包絡されます。
それぞれのオブジェクトはパラメトリック図形なので後でサイズを変更しても再度包絡が更新されます。
壁の位置を移動させた場合、壁に埋め込まれた建具も一緒に移動されます。
このような高度な処理は従来のCADではけしてできません。オブジェクト指向CADの特徴でしょう。

動作環境

AD-CADアーキの対応動作環境
ソフト名:AD-CADアーキ
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98
機種:汎用
種類:サンプル版
作者: AD-CAD 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

建築  オブジェクト  SXF  包絡  CAD 


「CAD・NC・プロッタ」カテゴリーの人気ランキング

  1. Personal BLD Viewer DXF/JW_CAD/DRA-CADデータを表示・印刷(ユーザー評価:0)
  2. EXCEL車両旋回軌跡図 エクセルでトラック・セミトレーラの旋回軌跡を作図(ユーザー評価:0)
  3. EScad Excel,Word,一太郎で使えるOLE対応回路図エディタ 新しい部品も簡単に作れます(ユーザー評価:4)
  4. 出来形管理図 出来形管理表をエクセルへ自動作成できる(ユーザー評価:0)
  5. 車両軌跡描画ソフト Kiseki Windows環境で車両軌跡図を描画(DXFファイル出力可)(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
SELECTION