FreeG

多量の散布図グラフを自動作成


ソフト詳細説明

 実験データ等、同じようなデータを開いてはグラフを描かせるというのは退屈ですね。単調な仕事はコンピュータに任せてしまいましょう。FreeGに任せてください。一気にグラフを作成します。
 グラフの連続処理の操作は簡単で、一度描いたグラフの設定を保存しておいて、その設定ファイルとデータファイルを指定する事で、大量のグラフを作成します。マクロなんて必要ありません。
 グラフは科学技術分野で良く使われる、XY散布図が描けます。データ点の補完には最小二乗法,スプライン補完が使えるので、滑らかな曲線になります。また、常用、自然対数グラフも描けます。XY軸範囲も任意に設定でき、タイトル等のラベルフォントも自由に指定でき、上付き、下付き文字も使用できます。
 データファイルはTXT形式でカンマやスペースで区切った数値を読み込みます。
 作製されたグラフはEMF(拡張メタファイル)、WMF、BMP形式で保存されます。EMF,WMF形式で保存すれば他のソフトで読み込んで、線は線、字は字として再編集できます。論文や報告書等にも自由に貼り付けて下さい。

動作環境

FreeGの対応動作環境
ソフト名:FreeG
動作OS:Windows 95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 福屋 勝也 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

散布図  多量  グラフ 


「グラフ作成」カテゴリーの人気ランキング

  1. Graphcel 高機能のグラフ画像自動数値化ソフト(ユーザー評価:4.5)
  2. AV似非 数値データから、分布図・散布図・ベクトル線図・等高線図を描画(ユーザー評価:4.5)
  3. DigitalCurveTracer 画像化されたグラフの座標を自動で読みとる(ユーザー評価:0)
  4. Plots32 32bit 科学用2次元グラフ作成アプリケーション(ユーザー評価:0)
  5. 三次元散布図作成ツール - 武蔵野台 csv形式のデータを読み込み、3次元散布図を描画する(ユーザー評価:3.5)

「計算・表計算・グラフ」カテゴリのソフトレビュー

  • コピって計算 2.0 - コピーするだけで、アプリケーションに記述された数値を計算できるソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック