ScreenCatch

スクリーンセーバーの画面を、画像ファイル(ビットマップ)として保存するソフト


ソフト詳細説明

様々な画像キャプチャソフトはありますが、多くはマウスやキーボードで操作するため、スクリーンセーバーの画面は処理できません。
(スクリーンセーバーが終わってしまうため・・・)
しかしこの「ScreenCatch」は、「PrintScreen」キーを押していくだけで、どんどん画像ファイルとして、保存してくれます。
好きなスクリーンセーバーの画面をどんどんとりましょう。
※もちろん通常画面や動画なども保存できます。

動作環境

ScreenCatchの対応動作環境
ソフト名:ScreenCatch
動作OS:Windows XP/Me/2000/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: プレコファーム 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

スクリーンセーバー  マップ  ビット 


「グラフィックセーバ(キャプチャ)」カテゴリーの人気ランキング

  1. Rapture 画面の一部をすばやくキャプチャ そのまま付箋のように使える(ユーザー評価:4.5)
  2. FastStone Capture 広いページも自動スクロールで保存できるスクリーンキャプチャソフト(ユーザー評価:4.5)
  3. Capture STAFF - Light - 連続キャプチャや周期キャプチャ、Web等のスクロールキャプチャが可能な画像キャプチャソフト(ユーザー評価:4)
  4. 消費リソース零!「キャプラ」 リソースを消費せずに画面キャプチャが可能(ユーザー評価:3.5)
  5. EasyShot カスタマイズ次第でいろんな使い方ができるキャプチャ ソフト(ユーザー評価:4)

「グラフィックス関係」カテゴリのソフトレビュー

  • Alkett MultiView 2.41 - ウィンドウ枠などを非表示にし、画像をのみを表示させることもできる、軽快・多機能な画像ビューア
  • Rapture 2.2.1 - デスクトップ上の情報をサッと画像化して表示。メモ感覚で気軽に使えるスクリーンキャプチャ
  • Free Picture Resizer 1.0.1.2 - 複数の処理を連続実行することも可能な、簡単操作の画像リサイズソフト
  • Photo Pos Pro 1.90.5 - レタッチとシェイプ編集が融合し、多彩な表現が可能な高機能グラフィックエディタ
  • 色採り 1.12 - 外部グラフィックソフトへの自動入力にも対応した、コンパクトなカラーピッカー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック