MSXVDPObj

MSX Screen5-12File対応 Viewer


ソフト詳細説明

 MSXのグラフィックファイルのビューアーです。
 スクリーンモード、Screen 5 〜 12 に対応。
 ファイル形式自動選別。任意のドット数に対応。
 Windows95/NT に対応、ネイティブ32bitで実行。
 各サイズ、インターレースに対応。
 等の多機能と変換スピードが特徴です。

 << コンセプト >>

 個人的には V9938(V9958)が作り出す映像を古ぼけた14インチテレビに RF端子かなんかでつないで見る映像って、とても好きなんだけど、同じ映像を 4MByte ぐらいのVRAM をつんだRAMDAC 内臓の 64bit グラフィックアクセラレータで 超高解像度のハイリフレッシュレートにして BNC接続した NANAO のディスプレイで見てみたい気もする。
 MAGとかに直せばWindows上で見れるビューアーはたくさんあるけれど、MSXで使われているフォーマットを直接表示できるものはほとんど見当たらないようです。それでVDPObj はできるだけ MSX の VDP の作り出す色にできるだけ近くなるように工夫して作ってみました。

動作環境

MSXVDPObjの対応動作環境
ソフト名:MSXVDPObj
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 渡辺 直樹 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

File  Screen  MSX 


「グラフィックローダ」カテゴリーの人気ランキング

  1. MassiGra シンプルで高速な画像ビューワ、Susie Plug-in 対応(ユーザー評価:4.5)
  2. IrfanView 画像の閲覧に加え、動画や音声の再生も可能なマルチメディアビューア(ユーザー評価:4)
  3. XnView 500種類以上の画像形式に対応した、多機能画像ビューア・管理ソフト(ユーザー評価:4)
  4. FastStone Image Viewer フォーマット変換やリネームからレタッチまでカバーする高機能画像ビューア(ユーザー評価:0)
  5. K-SlidePlayer BGM付きスライドショーを手軽に楽しめる(ユーザー評価:1.5)

「グラフィックス関係」カテゴリのソフトレビュー

  • Photo3Dmap 3.0 - 80種類近いプリセットメニューが用意され、簡単な操作で3次元加工を体験できる画像編集ソフト
  • Rapture 2.2.1 - デスクトップ上の情報をサッと画像化して表示。メモ感覚で気軽に使えるスクリーンキャプチャ
  • Free Picture Resizer 1.0.1.2 - 複数の処理を連続実行することも可能な、簡単操作の画像リサイズソフト
  • Photo Pos Pro 1.90.5 - レタッチとシェイプ編集が融合し、多彩な表現が可能な高機能グラフィックエディタ
  • 色採り 1.12 - 外部グラフィックソフトへの自動入力にも対応した、コンパクトなカラーピッカー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック