くりっぷる

画面イメージをビットマップファイル形式で保存


ソフト詳細説明

 このソフトは、画面イメージをビットマップファイル形式で保存するソフトウェアです。今まで画面キャプチャソフトは、キャプチャソフトを起動して、目的のウィンドウをマウスなどで指定する形式でした。しかし、この方法だとゲームなどの連続した画面切り替えが多発するウィンドウが対象となると、いちいちキャプチャソフトにタスクを切り替えなくてはならないので、目的のウィンドウのプログラムを停止させなくてはなりません。この点を改善したのがCliPlu(くりっぷる)です。
 CliPluは、立ち上がると同時に、その時アクティブなウィンドウをキャプチャリングし、ファイルに保存して、自動的に終了します。ですので、アクティブなウィンドウを切り替えることなく、目的のイメージをキャプチャすることができます。

それでは、思う存分イメージ取りまくってください。

動作環境

くりっぷるの対応動作環境
ソフト名:くりっぷる
動作OS:Windows 95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 森下 大輔 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

イメージ  マップ  ビット 


「グラフィックセーバ(キャプチャ)」カテゴリーの人気ランキング

  1. Rapture 画面の一部をすばやくキャプチャ そのまま付箋のように使える(ユーザー評価:4.5)
  2. WinShot JPEG保存もできる使い勝手のよいスクリーンキャプチャソフト(ユーザー評価:4)
  3. 消費リソース零!「キャプラ」 リソースを消費せずに画面キャプチャが可能(ユーザー評価:3.5)
  4. DtCut デスクトップ上の任意の箇所を任意のサイズでコピー、保存、印刷できる(ユーザー評価:0)
  5. FastStone Capture 広いページも自動スクロールで保存できるスクリーンキャプチャソフト(ユーザー評価:4.5)

「グラフィックス関係」カテゴリのソフトレビュー

  • Alkett MultiView 2.41 - ウィンドウ枠などを非表示にし、画像をのみを表示させることもできる、軽快・多機能な画像ビューア
  • Photo3Dmap 3.0 - 80種類近いプリセットメニューが用意され、簡単な操作で3次元加工を体験できる画像編集ソフト
  • Rapture 2.2.1 - デスクトップ上の情報をサッと画像化して表示。メモ感覚で気軽に使えるスクリーンキャプチャ
  • Free Picture Resizer 1.0.1.2 - 複数の処理を連続実行することも可能な、簡単操作の画像リサイズソフト
  • Photo Pos Pro 1.90.5 - レタッチとシェイプ編集が融合し、多彩な表現が可能な高機能グラフィックエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック