ビッグバン (ScreenSaver)

ビッグバンとは、宇宙の始まりを説明する仮説の一つである


ソフト詳細説明

宇宙はかつて高温、高密度の1つの密集体であったとするもので、その始まりにおいて宇宙は、ビッグバンと言う宇宙規模の爆発により100億〜200億年前に無の状態から発生し、それ以来膨張しつづけているという。膨張のスピードは光よりも速い。(したがって、「宇宙の果て」と言うものがもしあったとしても、我々は観測することが出来ない。相対的にみれば、我々が宇宙の果てに居るともいえる。)この理論の根拠となったのは、アルベルト・アインシュタインの一般相対性理論の場の方程式である。まず1927年にルメートルが、宇宙は有限の過去に一点(宇宙卵)の爆発で誕生したとするモデルを発表。このモデルを発展させ最初の体系的な爆発モデルを提示したのはジョージ・ガモフである。ビッグバンモデルは宇宙背景放射や軽元素の存在比をよく説明する。ビッグバン説が事実なら、我々の宇宙の発生と発展は全くの偶然で、我々の宇宙で対消滅で物質が残ったのも、4つの力(引力・電磁気力・強い力・弱い力)が分岐発生したのとは異なる、別の宇宙が存在する可能性も大いにありえる(多元宇宙論)。『ビッグバン』のという言葉の名づけ親はフレッド・ホイルである。
彼は定常宇宙論者でビッグバン論には極めて否定的で、ガモフの爆発モデルを「大ボラに過ぎない」と言う意味合いでビッグバンと蔑称した。一方、量子力学の観点からビッグバンは存在しなかったと言う意見もある。2011年にはESAとNASAの共同でジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の打ち上げが予定されており、ビッグバンの残滓である赤外線の高精度な観測が期待されている。

動作環境

ビッグバン (ScreenSaver)の対応動作環境
ソフト名:ビッグバン (ScreenSaver)
動作OS:Windows XP/Me
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: m-take 

ユーザーの評価(1人):2.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

宇宙  始まり  ビッグ  仮説 


「天文・宇宙」カテゴリーの人気ランキング

  1. 上を向いて歩こう 全天88星座解説スクリーンセーバー(ユーザー評価:3)
  2. "GalaxyDX"スクリーンセーバー 三次元空間に銀河の星と惑星を表現(ユーザー評価:0)
  3. Planet Saver 太陽系の惑星の運動を表示するスクリーンセーバー(ユーザー評価:0)
  4. 星座スクリーンセーバー 長焦点長時間露光天体撮影の第一人者 北原勇次さん撮影による星座写真のスクリーンセーバー(ユーザー評価:0)
  5. 星が降るスクリーンセーバー 星がきらきらと舞い降りてくるスクリーンセーバー(ユーザー評価:2.5)

「スクリーンセーバ」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック