宇宙の塵スクリーンセーバー

指定フォルダの3Dデータが3次元空間を回転しながら動き回るスクリーンセーバー


ソフト詳細説明

★このプログラムは、いろんな3D物体が3次元空間を回転しながら動き回るスクリーンセーバーです。
方向転換で回転方向が変わり、あらゆる角度から3D形状を眺めることができます。
★3D物体のデータは、メタセコイアなどの3Dモデリングソフトなどで自作したデータを読み込ませ、表示させることができます。
作成した形状データは、DirectX のX形式のファイルで保存し、設定ダイヤログで指定すれば読み込むことができます。
一般の3D-CADやShadeなどで形状作成した場合は、DXF形式で保存しメタセコイアなどのX形式で保存できるモデラーで読み込みX形式で保存し直せば表示できるようになります。
★Ver2.5では設定ダイヤログ?SDdlg.exe?にプレビューボタン追加しました。

本プログラムはフリーウエアです。ご自由にお使いください。

動作環境

宇宙の塵スクリーンセーバーの対応動作環境
ソフト名:宇宙の塵スクリーンセーバー
動作OS:Windows Me/2000/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: オムライス 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

基本料金無料の『みんなの電子署名』

■関連キーワード

スクリーンセーバー  回転  3D  3次元  フォルダ 


「画像表示」カテゴリーの人気ランキング

  1. 午後の展覧会 スライドショー形式のスクリーンセーバー 200種の画像エフェクトが貴方を展覧会へ誘う^^;(ユーザー評価:0)
  2. ピクチャースクリーン 画像、動画、MP3対応スクリーンセーバーと、一般プログラムのように起動できる両用ソフト(ユーザー評価:2.5)
  3. Fade Scene Saver クロスフェードなどの特殊効果を使って画像を表示するスクリーンセーバー(ユーザー評価:2.5)
  4. 2.5次元造型スクリーンセーバー ビットマップ画像から自動作成した2.5次元物体が3次元空間を回転しながら動き回るスクリーンセーバー(ユーザー評価:0)
  5. ScreenBlock ビットマップ形式の画像をスライドパズルにしちゃうスクリーンセーバー(ユーザー評価:0)

「スクリーンセーバ」カテゴリのソフトレビュー

  • 午後の展覧会 1.45 - 多数のエフェクトと音楽再生機能を搭載した、カスタマイズ自由度の高いスクリーンセーバ
  • Screen Saver Utility 2.6.0 - スクリーンセーバの使い勝手をよくしてくれる常駐ソフト
  • Movie Screen Saver 3.2.0 - お気に入りのムービー/サウンドファイルを素材に使えるスクリーンセーバ
  • A.P.S. vol.2 海腹川背さんセーバー - かわいらしい「海腹川背さん」が縦横無尽に走り回り、ぶつかり合うスクリーンセーバ
  • 街創造 1 - 画面上に「街」が作られ、発展していく様子を眺められるスクリーンセーバ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
基本料金無料の『みんなの電子署名』