Hangeul Power Kit FONT

KS完成型FONTを日本語環境


ソフト詳細説明

1.HPK(Hangeul Power Kit for WIN)とは、

「日本語 Windows(+α)上で、ハングルを使うためのツール集」です。同目的の市販ソフトに、日本語環境でのハングルを扱う仕組としては、一つの標準となった感のある、高電社「Korean Writer」がありますが、HPKは、「Korean Writer」と文字コードについては互換性があり、フリーソフトでできる範囲で「Korean Writer」の機能を代替・補完する事を目指しています。フォント、入力辞書、コンバータを主体に、その他のツール類も、おいおい増やしていく予定ですので、よろしくお願い致します。

尚、このツールの場合の(+α)とは、英語Windows + CFC WIN/V 及びV-Text環境($font?.sys, CFC DOS/V Super Drivers, 同32)の事です

2.HPKFONT:標準ハングルとは、

HPKシリーズ中、表示・印刷用のフォントファイルを作成するツールです。フォントデータとして、FLABO, FLM, AGORA 等にある「KSHANGUL.LZH」を使用して、各環境に適したフォントファイルの形式に変換し、登録します。

フォントは、ビットマップ16ドットを基本とします。印刷には不向きですし、表示も決して美しいとはいえませんが、ともかく、日本語環境でハングルを扱えますし、環境によっては、最高24ドットフォントを使う事も可能です。

動作環境

Hangeul Power Kit FONTの対応動作環境
ソフト名:Hangeul Power Kit FONT
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 牧尾 清 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

FONT  KS 


「フォント用」カテゴリーの人気ランキング

  1. 記号外字1800 ゴシック版 DTPで使える「記号・人名漢字」TrueTypeフォント(ユーザー評価:0)
  2. 記号外字1800 明朝版 DTPで使える「記号・人名漢字」TrueTypeフォント(ユーザー評価:0)
  3. Hangeul Power Kit FONT KS完成型FONTを日本語環境(ユーザー評価:0)
  4. FntSet WINフォントセット簡単設定(ユーザー評価:0)
  5. FntShow Windowsフォント閲覧ユーティリティ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック