MMエディタ for Win3.1

MDI形式本格派テキストエディタ


ソフト詳細説明

[ニフティー専用の通信機能(自動運転)付き★MMエディタ の主な特徴]
MMエディタは、Windows3.1 上で動作する本格派のテキストエディタです。

[MMエディタの主な特徴]
■高速動作をポリシーとする基本性能。
[ファイル]
・編集できるファイルの大きさが無制限(ディスク限界まで可能)
・編集できる行数、1行の長さが無制限(ディスク限界まで可能)
・ファイルの読み込みと保存が超高速。
・ファイル履歴を1組8個で5種類保存可能
[編集]
・削除した文字、削除した行の復活が無制限
・アンドゥ、リドゥが無制限(ディスク限界まで可能)
・矢印キー(↑・↓・←・→)で罫線を自由自在に引く、消す
・全角半角変換 ・タブスペース変換 ・インデント、逆インデント
・指定範囲のテキストの保存 ・選択範囲の始点と終点の入れ替え
・慣用語句の短縮入力 ・制御コードの入力 ・文字コードの表示
・任意の場所のデータが取り出せるスタック形式のクリップボード
[検索]
・独自のアルゴリズムによる高速検索、高速一括置換。
・あいまい検索 ・テキストの比較
・対応括弧へのジャンプ ・タグジャンプ
[その他]
・ソースコードデバッガ付属のマクロ言語[MMマクロ]

■他のエディタとは一線を画す強力な印刷機能。
・縦書き印刷 ・段組 縦 横 ・袋とじ 縦 横 ・見出し行(1−8)のフォント設定
・2ページ同時フレビュー ・両面印刷 ・カラー印刷 ・行番号付加機能
・ヘッダ、フッタの指定 ・日本語禁則 ・英単語ワードラップ ・各種網掛け
・偶数ページで左右余白入替 ・選択範囲の印刷 ・書式ファイル登録機能
・指定キーワード文字の強調、下線、斜体 ・印刷ページ総数の瞬時確認

■ニフティーサーブ専用の自動運転での通信機能。
・自動運転で メールの送受信、各会議室の巡回、会議室での発言、ファイルのダウンロード等が簡単に出おこなえます。
・自動運転で通信時間を短縮し通信費が軽減出来ます。

動作環境

MMエディタ for Win3.1の対応動作環境
ソフト名:MMエディタ for Win3.1
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:シェアウェア:4,200円
作者: 宮崎 嘉明 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い

銀行振り込みあり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

テキスト  エディタ  MDI 


「MMエディタ」カテゴリーの人気ランキング

  1. DELSPC MmEditor 空白行整形マクロ(ユーザー評価:0)
  2. FUNCJP MMエディタ用 C,C++言語の関数を抽出しての一発ジャンプマクロ(ユーザー評価:0)
  3. HJCHG MMエディタ用の執筆環境瞬時変更マクロ(ユーザー評価:0)
  4. IPASTE MMエディタ用 引用符付き 貼り付けマクロ(ユーザー評価:0)
  5. MMエディタ用[テキスト行整形マクロ集] MMエディタ用[テキスト行整形マクロ集](ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック