Startup

Windows 起動時に自動起動されるアプリケーションを,時間差で起動


ソフト詳細説明

STARTUP は、Windows 起動時に自動起動されるアプリケーションを、時間差を
発生させて起動するようにすることを目的として開発されました。

また指定によっては、特定のアプリをその日の最初の起動時のみ実行するように
することも可能になっています。

更に、付加されたおまけ機能により、処理が終了してから次の処理を実行する
いわゆるバッチ処理を実現可能になっています。

結果的には起動時以外にも様々な処理に組み込んで使用することが可能なものに
仕上がっています。

動作環境

Startupの対応動作環境
ソフト名:Startup
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 大井 洋行 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  自動起動 


「プログラムランチャー」カテゴリーの人気ランキング

  1. Startup Windows 起動時に自動起動されるアプリケーションを,時間差で起動(ユーザー評価:0)
  2. 一発メニュー ボタン型 プログラムランチャー(ユーザー評価:0)
  3. Desktop Tools (DTT) アイコン・ランチャーとメニュー式ランチャーをベースにした高機能シェル(ユーザー評価:0)
  4. Tool Bar Launcher アイコン登録型のプログラムランチャー(ユーザー評価:0)
  5. Secretary スイッチ操作のみでアプリケーションを起動(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック