DOCEXE

拡張子DOCの自動判別ユーティリティ


ソフト詳細説明

「DOCEXE」は、拡張子DOCのファイルを判別して、MS-WORDか通常のテキストエディターのどちらかを起動するユーティリティです。

WORDの文書ファイルの拡張子はDOCになっており、WORDをインストールすると勝手にDOCがWORDに関連付けされてしまいます。通常のテキストファイルで拡張子がDOCになっているものをファイルマネージャー等から関連付けで起動すると、必要もないのにWORDが立ち上がるわけです。

DOCの関連付けにDOCEXE.EXEを設定しておくと、DOCファイルの内容からWORDとそれ以外のテキストエディター等の使い分けが可能になります。

また、使用頻度は低いでしょうが、Macintoshで作成されたテキストを簡易変換する機能も追加しました。

利用条件・試用期間中の制限など

.

動作環境

DOCEXEの対応動作環境
ソフト名:DOCEXE
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 高橋 直人 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ユーティリティ  拡張子  判別  DOC 


「ファイル管理」カテゴリーの人気ランキング

  1. ファイル判別 (16bit版) ファイルの内容から、拡張子の変更、対応ソフトの起動ができる(ユーザー評価:0)
  2. BF for WIN ドラッグ&ドロップ対応 複数拡張子関連付けソフト(ユーザー評価:0)
  3. DOCEXE 拡張子DOCの自動判別ユーティリティ(ユーザー評価:0)
  4. ファイルチェック for windows3.1 特定のファイルを一定間隔ごとにチェック(ユーザー評価:0)
  5. FC For Windows FC.EXEとほぼ同様の動作するファイル比較プログラム(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック