WH

Windowsのエディットコントロールにヒストリー(履歴)機能を付加


ソフト詳細説明

whはWindowsのエディットコントロールにヒストリー(履歴)機能を付加します。それプラス、
△CTRL+A/S/D/F でカーソル移動、CTRL+X でクリア、CTRL+G で DELETE などエディットコントロールのキーアサインを拡張。
△エディットコントロール内での単語区切り文字に '\' や '(' などを追加。
△簡易コマンドラインシェルによるコマンドの実行。
△どのアプリからでも、CTRLキーを "とととんとん(c)Appne" と四回連打することによる wh の呼び出し。
△かな漢が Off にされている状態で変換/無変換キーをスペースキーへ変換。
△かなキーの On/Off による IME の制御。(defaultではOff)
△キャプションバーを右クリックでタスク変更。(defaultではOff)
(CTRL+右クリックでそのウィンドウを一番下まで落とします)
△コントロールボックスを右ダブルクリックでshellの呼び出し。(default では Off)

などの機能を持ちます。(ヒストリー機能以外はオプションとして制御可能です)

動作環境

WHの対応動作環境
ソフト名:WH
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 中島 薫 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

付加  コントロール  エディット  ヒストリー 


「シェル強化」カテゴリーの人気ランキング

  1. ネームマネージャ なが〜いファイル名を使う!(ユーザー評価:0)
  2. ネームマネージャLite ネームマネージャの機能を制限して軽量化(ユーザー評価:0)
  3. EMAC 拡張子とアプリケーションの関連付けを多重に行う(ユーザー評価:0)
  4. DOS窓アイコン化プログラム DOS窓をアイコン化するコマンド(ユーザー評価:0)
  5. SHELL SELECTER 次回起動シェル選択(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
SELECTION