Hot Soup Processor for Win3.1

Microsoft Windows上で手軽に使えるスクリプト言語システム


ソフト詳細説明

HSPは、Microsoft Windows上で手軽に使えるスクリプト言語システムです。テキストによるスクリプトを書くだけで、誰にでも簡単にウインドゥズ上で画像表示、メニューシステムの構築ができます。多彩な命令セットを使いこなすことでCG集、音楽集、デモンストレーション、そしてゲームアプリケーションまで作成することができます。

HSPには、次のような特長があります。
・簡単に覚えられて強力な命令セット
・高速な動作をする中間言語処理インタプリタ
・BMP,MAG,JPG形式の画像ファイルに対応
・WAV,MID,AVIのファイル、またはMCIデバイスのコントロールが可能
・フロッピーディスクでの配布にも便利なコンパクトさ
・作ったプログラムは自由に再配布が可能、ライセンス料も不要です

HSPはあなたのアイデア次第で色々な場面で使用できます。
・プログラムランチャー、メニューとして
・CG集、音楽集などのメディアブラウザとして
・アドベンチャーなど様々なジャンルのゲーム作成に
・画面レイアウトの試作、画像データの変換に
・文化祭、学園祭などの展示、店頭デモなどに

動作環境

Hot Soup Processor for Win3.1の対応動作環境
ソフト名:Hot Soup Processor for Win3.1
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: おにたま 

ユーザーの評価(1人):4.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

スクリプト  言語  Microsoft 


「HSP」カテゴリーの人気ランキング

  1. Hot Soup Processor for Win3.1 Microsoft Windows上で手軽に使えるスクリプト言語システム(ユーザー評価:4.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック