dragdrop.pas

Drag&Drop コンポーネント for Delphi


ソフト詳細説明

猿でも書けるDelphiのcomponent そのいち

<TDragDrop component>

description:
TDragDropはファイルマネージャなどからのDrag&Dropに対して、OnDropイベント
を実行するためのcomponentである。OnDropイベントハンドラ内ではdropされた
ファイル名とドロップ時のカーソルのウィンドウ座標を参照する事ができる。
Drag&Drop受け付けの有効・禁止を制御するにはEnabledプロパティを用いる。

properies:
Enabled : Boolean (Read/Write)
TrueならDrag&Dropに反応する。デフォルトはTrue。
Files : TStringList (Read)
Dropされたファイル名を保持するリスト。
OnDropの中以外で参照した場合、内容は無効である。
Point : TPoint (Read)
ファイルがDropされた時のウィンドウ座標を保持する。
OnDropの中以外で参照した場合、内容は無効である。

events:
OnDrop : TNotifyEvent
ファイルがdropされるとこのイベントハンドラが起動される。
Files及びPointの内容が有効なのはこのハンドラの呼び出し中
だけなので、必要な処理はこのハンドラの中で完結させる事。

動作環境

dragdrop.pasの対応動作環境
ソフト名:dragdrop.pas
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: なかた あたる 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード


「Delphi」カテゴリーの人気ランキング

  1. DELPHI レポート作成コンポーネント DELPHI レポート作成コンポーネント(ユーザー評価:0)
  2. Source Arranger Delphiのソースプログラムを多少きれいにし、可読性を向上(ユーザー評価:0)
  3. DWINSOCK WINSOCK 1.1 ライプラリー for Delphi(ユーザー評価:0)
  4. SendKey unit VisualBasicのSendKeysステートメントをDelphiに移植(ユーザー評価:4.5)
  5. Delphi ボタンばっしんぐ もぐらたたきのようなゲーム(Delphiのサンプルプログラム)(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック