NetEscape for Windows

気に入ったHP(ホームページ)のデータをいつでも見られるように保存


ソフト詳細説明

NetEscapeの機能

気に入ったHP(ホームページ)のデータをいつでも見られるように保存して置きたいと思う事はありませんか?多くのブラウザはキャッシュ機能を持っているのである程度までは記録しておけますが、不要なデータの方が多く、限度もあります。また、HPのデータの一部が入れ替わってしまうと以前のデータは見る事ができません。
NetEscapeは、Netscapeのキャッシュデータから指定したHPのデータを取り出すアプリケーションです。URL名を指定する事により、キャッシュを自動的に検索して指定したディレクトリ以下にHPを再現します。日付ごとにデータを保存しておく事も簡単ですね。
ディレクトリごとにルートのHTML(@NETESC@.HTM)を作成するので、このファイルをブラウザで開けば、保存したHPをいつでも見る事ができるようになります。この時、URL名も@NETESC@.URLに保存します。

動作機種
Windows3.1のアプリケーションが動作する環境(Windows3.1,Windows95等)で、使用できます。動作テストは、Netscape2.0b6,b7のキャッシュを使用して行いました。

動作環境

NetEscape for Windowsの対応動作環境
ソフト名:NetEscape for Windows
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: メイ  トシ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ホームページ 


「キャッシュ処理」カテゴリーの人気ランキング

  1. NetEscape for Windows 気に入ったHP(ホームページ)のデータをいつでも見られるように保存(ユーザー評価:0)
  2. Explorer cache to HTML converter MS-IE 3.0 のキャッシュファイルを HTML ファイルに変換(ユーザー評価:0)
  3. Netscape cache to HTML converter NavigatorのキャッシュファイルをHTMLファイルに変換(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック