ALMADR

MAIL Fileを読んで、そのFrom:行をAL-MAILのADR形式に吐き出す


ソフト詳細説明

MAIL Fileを読んで、そのFrom:行をAL-MAILのADR形式に吐き出すユーティリティです。

アドレス帳を初めて作成するときや、間違ってアドレス帳を消してしまった時等に便利かもしれません(^_^;)。


ALMADR <メールファイル>

で、指定されたメールファイルを読み込んで、そのFrom:ヘッダをAl-MAILのアドレス帳として利用できる形式にして、標準出力に書き出します。

アーカイブ中、ALMADR.EXEはDOS用、
ALMADR32.EXEは、WIN32コンソール(Windows-NTやWindows95の
コンソール)用となっています。

ふつうは、ALMAILのMAILBOXディレクトリ等で
ALMADR *.*>ALLADR.TMP ってやれば、たまっているメールのFrom:
すべてをはきだしますので、あとはSORTとUNIQで、

SORT<ALLADR.TMP|UNIQ>ALL.ADR

等とやって重複を取ってやれば、一応使えるアドレス帳が出来上がると思います。

動作環境

ALMADRの対応動作環境
ソフト名:ALMADR
動作OS:Windows 3.1 MS-DOS
機種:汎用
種類:PDS
作者: 白田 晋夫 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

MAIL  File  AL  From  ADR 


「AL-Mail」カテゴリーの人気ランキング

  1. ALMADR MAIL Fileを読んで、そのFrom:行をAL-MAILのADR形式に吐き出す(ユーザー評価:0)
  2. Inetsock AL-MailをInetBIOS環境で使用(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック