DLLFree

メモリー中のDLLの開放


ソフト詳細説明

メモリー上にロードされているDLLをアンロードするプログラムです。プログラムのバグ等でDLLがメモリー上に残ってしまった場合などに使用します。但し使用中のDLLでもアンロードしてしまいますからVisualBasicで作成したプログラムを実行中にVBRJ200.DLLをアンロードしたりするとWindowsが死んでしまう可能性がありますから、実行時は注意して下さい。
 DLL名の指定の仕方は、起動時のパラメーターとして指定する方法、起動後入力フィールドにDLL名を入力する方法と、最小化しておいてファイルマネージャー等からファイルをドラッグアンドドロップする方法とがあります。
 意外とダウンロード数が多かったので若干のバージョンアップをしました。入力したモジュール名を最大5個まで記憶するようにしました。

動作環境

DLLFreeの対応動作環境
ソフト名:DLLFree
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 楠 時典 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

DLL  開放  メモリー 


「メモリ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. DLLFree メモリー中のDLLの開放(ユーザー評価:0)
  2. Win31J レスキューキット Vol#1 Windowsのコンベンショナルメモリを増やすツール集(ユーザー評価:0)
  3. コンベンショナルメモリー残量計 Win31J レスキューキット連動(ユーザー評価:0)
  4. めむでん すべてのメモリーチップに電流を!!(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック